初デートだと緊張してしまったり、何度かデートを繰り返していても、今度はマンネリで会話が長続きしない、という男性は意外と少なくありません。

デートでの沈黙は気まずかったり、相手が楽しんでくれていないのかな・・・と不安になってしまうもの。

 

ある程度気心が知れた仲になれば、そういった沈黙も受け入れ、心地良くも感じれるのですが、まだ付き合いが浅い場合ではなるべく沈黙になるのは避けたいですよね。

そのため、今回はデートの会話で沈黙してしまう、盛り上がらない場合の対処法をご紹介していきますので、じっくり読んでみてください。

 

デートの会話が沈黙してしまう!盛り上がらない時の対処法は?

 

女性は共感脳であるため、共感をし合う会話が大好きです。

よって、好きな女性を落とすためには、どうしても会話を通じて信頼関係を構築していくことが必要不可欠。

 

とはいえ、デートの会話で盛り上げなければ!と気負いすぎても失敗してしまうため、しっかりと対処法を理解した上で、対策を打っておけば全く問題ありません。

デートの会話ではコツさえ押さえておけば、沈黙もなくなって女性を楽しませることができるでしょう。

何を話すかを決めておく

デートでの会話が沈黙してしまうのであれば、それは「話すことがない」というのが大きな理由でもあります。

そのため、デートをする前に話すこと、会話の内容を決めておけば、会話が沈黙してしまう心配は要りません。

 

実際に、モテる男性、好きな女性を落とすことができる男性は例外なく、どんな会話をするのか型が決まっている場合がほとんどなのです。

 

ただ、好きな女性を落とす上で絶対になくてはならないことはたった1つであり、これさえできれば意のままに付き合うことが可能。

どうしても落としたい女性がいる男性は、下記で詳しくお話していますので、クリックして読んでみてください。

 

【最短2週間】振り向いてくれない女性の感情に火をつけて意のままに付き合う方法

彼女を気遣う

沈黙の間、どうしよう?と不安になる気持ちは非常に分かりますが、いつまでも彼女を放置しておくのはNG。

沈黙が嫌というのは女性もきっと同じはずなので、重い空気を男性が破ってくれると女性も嬉しく思うはずです。

 

会話を始める糸口としておすすめなのが、彼女を気遣う言葉。

下手に会話を考えるよりも自然ですし、ポイントを稼ぐこともできてしまいます。

 

デートの基本ですが、「足疲れてない?」、「喉渇いていない?」など、適宜彼女を気遣う姿勢を保つことは好感度アップに効果的。

やはり気遣いが出来る男性は魅力的ですし、意外とそのちょっとした気遣いがデートの緊張のせいか忘れてしまっている男性も多いのです。

 

そういった気遣いから、「ちょっと疲れたから休憩しようか!」、「何が飲みたい?」など会話と合わせて、デートもリードして行ってあげられるとベストでしょう。 

周囲の景色から話題の種を見つける

 

会話に詰まった時に、是非覚えていて欲しいのが、周囲に目を凝らすということ。

会話に詰まってしまうと、つい俯いてしまうという人も多いですが、それでは余計に空気が重く、気まずくなってしまいますし、そんな状況では中々良い会話が浮かんできません。

 

会話が続かないなと感じたら、まずは深呼吸して落ち着き、ゆっくりと周囲の景色を眺めてみて下さい。

小さい子供だったり、可愛い犬や可愛いカフェ、アイドルのポスター等、意外とそこら中に話題の種が転がっています。

 

「沈黙してしまうと、どうしてもこの状況をどうにかしないと!」と焦り、難しいことを考えがちですが、沈黙の時こそ、何気ない会話から始めるのがおすすめです。

例えば、「あの小さい子可愛いね!何歳くらいかな?小さい子は見ていて飽きないよね!僕も小さい時はヤンチャだったらしくて・・・」なんて軽い話で良いのです!

 

あなたに興味がある女性であれば、あなたの昔話にだって興味があるはず。

あなたも彼女の成り立ちについて興味があるでしょうし、習い事の話や夏休みについて等、自然と話題が浮かんできやすいのではないでしょうか?

 

このように、周囲の景色から、自分や彼女が興味のある内容へと徐々にシフトしていくのが会話を盛り上げるためのコツと言えるでしょう。 

会話を要しないデートコースを選ぶ

何度会話を続かせようとしてもやはり沈黙になってしまうという場合には、映画や美術館といった会話が少なくとも不自然ではない場所へさり気なく誘導するというのもおすすめ。

 

そういった「会話が少ない場所」へ行くことで、自分たちに会話がないこと普通になります。

お互いにリラックスして肩の力を抜けますし、他のことに意識を向けることで一旦休憩が出来て、その後の会話が弾みやすくなるでしょう。

 

映画館も終わった後に感想をいい合うことができるため、話題に困らないのが大きな魅力。

また、水族館なども魚を見てリアクションをするだけで、楽しく会話することができますので、そこでなごんで関係性を構築していくのも1つの手と言えるでしょう。

沈黙を生かしてムードのある空間を演出する

恋愛上級者では、沈黙を生かすというテクニックを使う人も。

沈黙から目を見つめてみたり、そっと手を握って見たりと、沈黙だからこそ演出できるムードで甘い空間を演出するのです。

 

こういった沈黙を演出するためには、周りの雰囲気も大切。

夜景やイルミネーションが綺麗な場所だったり、ムーディーな音楽が流れるバーなんていうのもいいでしょう。

 

やはり、ある程度雰囲気がある場所で行うからこそ生かせるものなので、そういったシチュエーションに遭遇したら、こんな沈黙の使い方も出来る!ということで頭の片隅に覚えていると良いかもしれません。

まとめ

 

今回は、デートの会話で沈黙してしまった際の対処法は、具体的に以下の4つの方法がおすすめ。

 

  • 何を話すのか事前に決めておく
  • 彼女を気遣う
  • 周囲の景色から、話題の種を見つける
  • 会話を要しないデートコースを選ぶ
  • 沈黙を生かしてムードのある空間を演出する

 

まだあまり慣れ親しんだ関係ではない場合、誰でも沈黙が嫌や怖いと思ってしまうもの。

ですが、必要以上に恐れず、落ち着いて対処することが大切。

 

話をしっかり聞いてあげて、一緒に笑って柔らかい空気を作ってあげれば、問題なく和むことができますよ。

 

 

↓ 狙った好きな女性を惚れさせる
究極のバイブルはこちらをクリック!