「気になっている女性をデートに誘ったら、断られてしまった。予定がある、忙しいと言われたら、もう脈なしなのかな。」

忙しいと言われて断られてしまった場合、どうしても誘いづらくなるもので、脈なしじゃないかとネガティブになってしまいますよね。

 

確かに、予定がある、忙しいという理由で別の日程を候補に出さない場合は、どうしても脈なしの可能性が高いのも事実です。

しかし、だとからと言って、完全に付き合えないわけではないのでご安心ください。

 

実際、女性の気持ちは時間が経つことで変わるものですし、今後のあなた自身の行動によって、女性の気持ちを変えていくことだって可能なんですよね。

ですから、本当に好きなのであれば、まだまだ諦めるには時期尚早。

 

もちろん、一度誘って断られてしまったということは、今までと同じアプローチをしても脈なしのままでしょう。

そう、脈なしの女性を惚れ直させるためには、今までと同じアプローチではなく、脈なしからの逆転のアプローチをしていく必要があるわけですね。

 

ということで今回は、女性が「忙しい」・「予定がある」ことを理由にデートを断るときの本当の気持ちと対処法を徹底解剖していきます。

先ほどもお話したように、まだまだ諦める必要はありませんので、じっくり読んで戦略を練り直していきましょう。

 

「忙しい」「予定がある」は脈なし?女性の気持ちを見抜くポイント!

 

デートに誘って断られるときの定番ともいえるセリフが「忙しい」「予定がある」ですよね。

先に結論を言ってしまうと、忙しさを理由にデートを断られる場合、高確率で脈なしと言っていいでしょう。

 

もちろん、女性が本当に忙しいこともあり得ますし、他の予定と被ることもあり得ます。

ですが、女性があなたに対して好意を抱いていれば、「忙しくても時間を作る」はずなんですよね。

 

つまり、「忙しいからデートができない」と断られれば、それは「あなたのために時間を作るつもりはない」という女性の意思表示でもあるのです。

忙しいことを理由に断るにしても、別日を代替案として指定してくるのであれば、脈ありの可能性は十分にあります。

 

例えば「今週は忙しいから、また来週」・「その日は厳しいけど〇日は空いてるよ」などですね。

このように、別日を指定してくれるのであれば、女性もデートに積極的であることがわかるでしょう。

 

女性が時間を作る姿勢を見せない時点で、残念ながら現時点での脈なしはほぼ確定と考えておいた方がいいですね。

その方が、変に期待してしつこくアプローチをしてしまうこともなくなりますから。

 

脈なしなら脈なしで気持ちを切り替えて、逆転に向けたアプローチをしていけばいいだけの話なのです。

 

確かに、勇気を出して誘ったデートを断られたとなると、どうしても不安になってしまうでしょう。

しかし、脈なし逆転のたった1つのポイントを押さえておけば、問題ありません。

 

実際、このポイントさえできれば、デートが断られてしまう脈なし状態だとしても逆転で付き合うことができるからですね。

 

たった1つで女性の反応が変わるので、これを知らないがゆえに好きな女性を落とせないのは本当にもったいないことだと言えるでしょう。

ですので、デートに誘ったけど断られてしまった状況から逆転したいと思っている男性にはこの方法を非常におすすめいたします。

 

実例として、「2週間で振り向いてくれなかった女性と付き合うことができた事例」も公開していますので、もしあなたに好きな女性がいるのであれば、下記より学んでみてください。

 

【※最短2週間】振り向いてくれない女性の感情に火をつけて意のままに付き合う方法

 

このように、「忙しさ」を理由に女性が断ってきたら、まずは女性が別の日時を指定するかどうかで脈の有無を見極めることができますね。

忙しさを理由にデートを断られた時の対処法3つ

 

では、実際に「忙しいから」「予定があるから」という理由でデートを断られた時、どう対処するのが良いのでしょうか?

脈なしかもと思ったら、そこでアタックをやめてしまう男性も少なくありません。

 

ですが、お断りをされた今だからこそ、打つべき手があります。

ここで間違った対処をしなければ、活路が開ける可能性は十分にあるので、ぜひ諦めずにトライしてみましょう。

しつこく誘わない

どうしてもデートに誘いたい!という気持ちがあっても、「忙しい」と言われてしまった以上は、無理にお誘いすることはやめましょう。

あなたが女性とデートをしたいと強く願っているのと同じくらい、今女性は「乗り気じゃない」という気持ちが大きいからですね。

 

そんな状態で押しても逆効果。

しつこい男の烙印を押され、最終的には無視をされてしまって終了……ということもあり得るのです。

 

まずはデート以外で女性との親密度を上げていく必要があるでしょう。

「忙しい」と断られてしまったら、「忙しいなら仕方ないね。また誘うね」と潔く引きましょう。

 

一部の男性は「じゃあ忙しくなくなったら教えて」など女性に発言してしまうようですが、これは女性にマイナスのイメージしか与えません。

「デートがしたくてたまらない」という気持ちを女性に押し付けすぎないよう気をつけてみてください。

共通の友人を交えたお誘いにする

女性がデートに応じないのは、まだあなたへの警戒心が解けていないからかもしれません。

まだあまり打ち解けていない段階で二人きりの場を設けることは難しいのは想像がつきますよね。

 

ですので、ご飯に誘って断られてしまったのなら、まずは共通の友人を交えた複数名での予定に女性を誘ってみましょう。

まずは女性の警戒心を解き、ふたりで会ってもいいかもという気持ちを女性に持ってもらうことを目標にするのがポイントですね。

 

恋に焦りは禁物。

むきになってデートに誘うよりも、まずは女性と楽しく時間を過ごすことが肝心です。

一度距離を置く

女性がどうしてもお誘いに応じてくれないのであれば、一度距離を置きましょう。

「忙しい」ことを理由にデートを断るとき、多くの場合が脈なしであるとお伝えしました。

 

何としても脈なしから抜け出すために、挽回のチャンスが欲しいことと思います。

しかし、誘いに応じてくれない今の状況でお誘いを重ねても、女性は「うざい」・「面倒くさい」と感じるだけなんですよね。

 

今はお互いが冷静になるために、時間が必要です。

数週間~数か月の冷却期間を経て、女性のあなたに対するマイナスの印象が薄れてきた頃に、改めて気楽にデートに誘うようにしましょう。

 

その際は二人きりのデートではなく、複数名での予定に誘い、女性との距離を少しずつ進める工夫をしてみてください。

そうすれば、今後のお断りを避けることができるでしょう。

 

また、グイグイきていた男性からの連絡が急に途絶えると気になってしまうという女性はとても多いので、そういった意味でも、距離を置くことはたいへん効果的。

「一刻も早く女性と接近したい!」という気持ちは押さえて、脈なしの現状を切り抜けましょう。

まとめ

 

残念ながら、「忙しい」ことや「予定がある」ことを理由にデートを断られる場合は脈なしの可能性が高いでしょう。

特に、女性のほうから日程を調整するような姿勢が見られない場合は、かなり厳しいといえます。

 

脈がないと思うとつい焦ってしまう人が大半ですが、まずは冷静になるために距離を置くことが効果的。

自分を磨いたり、女性の好きなものをリサーチしたりするなど、次回のお誘いを断られないための行動に移りましょう。

 

しつこくしないこと・焦らないことが、恋を叶えるための大切なポイントです。

 

 

↓ 好きな女性を惚れさせる
最強の武器はこちらをクリック!