「女性との会話が苦手」、「どんなことを女性と話せばいいのかわからない」、このように女性との会話に対して苦手意識を持っている人は少なくありません。

しかし、結論から言ってしまえば、女性との会話はコツさえ掴んでしまえば意外と簡単。

 

また、女性は共感脳であるがゆえに会話を重視するため、モテる男になるためには、好きな女性を落とすためには、「会話のスキル」というのはなくてはなりません。

女性との会話が苦手という男性が多いがゆえに、女性との会話が得意になれば、ライバルたちを差し置いて、好きな女性を手にすることだって可能なのです。

 

そのため、今回は女性との会話に苦手意識を持っている人に対して、女性に好印象を持ってもらうための会話の話題・ネタやコツを徹底解剖していきますので、じっくり読んで実践してみてください。

 

女性との会話が苦手でも大丈夫!会話は意外と簡単!

 

女性との会話が苦手という男性は少なくありませんが、大丈夫です。

というのも、女性との会話というのは意外と簡単であり、コツさえ掴むことができれば、好きな女性を落とすことがだって可能だから。

 

実際に、ホリエモンこと堀江貴文さんも昔は女性との会話が苦手と話されていましたが、今ではモテモテの状態となっています。

そのため、まずは女性との会話に苦手意識を持つのではなく、会話を上達させようとする気持ち・意識が重要。

 

今回は女性との会話の話題やコツをピックアップしていきますが、それ以上に重要なことは、「実践をすること」です。

結局のところ、どれだけ優れたテクニックやコツを持っていたとしても、自分の経験値が低ければ何の役にも立ちません。

 

しっかりとそのテクニック・コツを使いこなせるように、実践を積むということを意識してみてください。

ホリエモンも女性との会話が得意になったのは、「経験を積んだから」、「0から会話の経験を積み上げたからだ」と『ゼロ』という書籍で語っていました。

 

結局、会話もスキルであり、仕事やスポーツ、勉強と同じようにかけた時間・経験に対して比例するというわけです。

 

なお、好きな女性を落とす上で絶対になくてはならないことが1つあり、これさえできれば意のままに付き合うことが可能。

どうしても落としたい女性がいる男性は、下記で詳しくお話していますので、クリックして読んでみてください。

 

【最短2週間】振り向いてくれない女性の感情に火をつけて意のままに付き合う方法

女性に好印象を持ってもらうための会話の話題、ネタ・コツとは?

 

女性に好印象を持ってもらうための会話の話題やコツというのは、あなたが想像している以上に簡単です。

モテる男性はすごい会話をしているとか、ものすごく面白い話ができると勘違いをされる方が多いですが、実際は、そんなことはありません。

 

当たり前のことを当たり前にしているだけ。

結局のところ、先ほどもお話したように、コツさえ知れば、いかに経験を積むことができるか、いかに慣れるかというわけです。

会話の話題・ネタの焦点を女性に当てる

女性と何を話したらいいかわからない、女性との話題が困る・・・と思うかも知れませんが、会話の話題というのは探す必要はありません。

シンプルに、目の前の女性のことを聞いてあげればいいのです。

 

幼少期、小学校、中学校、高校、大学、仕事、恋愛、将来など、どんな人生を送ってきたのか、どんな人間なのか、を聞いてあげる、たったこれだけ。

人間には承認欲求があるため、自分のことを話している時に気持ちいいと感じ、聞いてくれた人に対して好印象を持ちます。

 

そのため、会話の話題というのは、目の前の女性に焦点を当てて、話を聞いてあげるだけでいいのです。

何よりも、その女性に対して興味を持ってあげることが重要になるでしょう。

女性との会話とのコツその1:5W1Hで掘り下げる

会話の話題は「目の前の女性」でOKですが、そこから話を広げていくことが会話において重要になります。

会話を広げていく、会話を続けていくには、掘り下げていくことがキモとなるのですが、掘り下げるには5W1Hを使ってみてください。

 

  • What(何を)
  • When(いつ)
  • Where(どこで)
  • Who(誰が)
  • Why(なぜ)
  • How(どのように)

 

これらを上手く使って、質問を織り交ぜていくことで自然と話を深堀することができ、会話を深く掘り下げて行くことができるでしょう。

特に重要ななのは「Why」の部分で、その女性の明確な価値観を表しています。

 

なぜその行動をしたのか、なぜその選択をしたのか、をしっかり聞いてあげて、共感・褒めることで、女性は「認められた」と感じてくれるようになるでしょう。

女性との会話のコツその2:イエスセットとペーシング

 

相手に気持ちよく話してもらうことができれば、自分が会話が苦手だったとしても、聞く側に回ることができるため、会話がスムーズになります。

その上で、有効なテクニック・コツはイエスセットとペーシング。

 

イエスセットとは、相手が「イエス」と答えるであろう質問をすることで信頼関係を築くテクニックです。

ペーシングとは、相手と会話のペースを合わせることで、「気が合う」と思わせてしまうテクニックになります。

 

これらを使うことによって、目の前の女性に「話しやすいな」と思ってもらうことが可能というわけですね。

こうしたイエスセットとペーシングを積み重ねて、信頼関係を構築していくことによって、相手は自分に対して好印象を持ってくれるようになるでしょう。

女性との会話のコツその3:リアクションを大きく

イエスセットとペーシングと合わせて、取り入れたい会話のテクニックはリアクションを大きくすること。

というのも、リアクションが小さいと、「あれ?興味ないのかな」と思わせてしまうことになりかねないから。

 

リアクションをいつもより大きくすることによって、「あなたに興味がありますよ」ということを女性に伝えることができ、さらに気持ちよく話をしてくれるようになります。

ただし、不自然なリアクションではなく、自然なリアクションを心がけること。

 

驚くような話題のところは驚き、笑うところは思い切り笑う、悲しい話題の時は頷くだけ、など会話の内容にあったリアクションをとってみてください。

女性との会話のコツその4:自己開示をして質問

相手の女性がなかなか話してくれないという場合は、まず自分から話をしましょう。

例えば、相手の結婚観を聞きたいのであれば、「自分は◯歳までに結婚したいだけど、何歳までに結婚したいとか、そういうのある?」と自己開示から質問をしてみてください。

 

単純に相手の女性も会話が苦手ということもありえますので、自分から話してあげることで、相手も安心して話をしてくれるようになります。

相手のことで聞きたいことがある場合は、まず自己開示から入って、質問をすることで、自然と聞き出すことができてしまいます。

 

特に信頼関係を築けていない場合は、どこまで話していいんだろう、と警戒されている可能性がありますので、自己開示をすることで上手く会話を進めてみてください。

まとめ

 

女性との会話はコツを知って、経験を積むことによって、意外と簡単にマスターすることができる。

実際のところ、面白い話をする必要もなく、すごい会話をしなければならないわけでもなく、普通に当たり前のことを当たり前にすればいいだけ。

 

会話のコツとしては、5W1Hで掘り下げる、イエスセット、リアクションを大きくするなどが基本。

これらのコツ・テクニックは実際に使って、経験を積んでこそチカラになるため、できるだけ多くの経験を積むことが重要。

 

 

↓ 狙った好きな女性を惚れさせる究極のバイブルはこちらをクリック!