「会話をしてるけど、どうも壁を感じて脈ありのように感じない。脈なし女性が会話中に見せる脈なしサインってどんなものがあるんだろう。」

恋愛を成功させるためのコツは、自分を客観視することで、好きな女性にどう思われているのかを把握することが重要になります。

 

脈ありにしろ、脈なしにしろ、女性がだすサインをしっかりと見極めて、アプローチのやり方を変えていくことが恋愛を制するカギですからね。

脈ありであれば、もうちょっと積極的にアプローチをして様子をみる。

 

脈なしサインが出ていれば、今までと同じアプローチをするのではなく、まずその女性に興味をあなた自身に向けるようにする。

興味を持たせた上で、距離を縮めていくことで冷たい反応や既読スルーなどされることなくスムーズに付き合うことができるわけですね。

 

つまり、まず第一は女性のサインをしっかり見極めて、脈ありなのか脈なしなのかを把握しなければなりません。

ということで今回は、女性が特に会話中に見せる明らかな脈なしサインについてご紹介していきますので、じっくり読んでみてください。

 

また、先にお話しておきますが、もし気になっている女性が脈なしだったとしても、諦める必要はないんですね。

なぜなら、仕切り直して再アプローチをしていくことで脈ありに変えることができるからです。

 

脈ありなら積極的に、脈なしなら仕切り直しで好きな女性を落とせるように一歩ずつ前に進んでいきましょう。

 

明らかに脈なしの女性が見せる会話での脈なしサイン!

笑顔が少なく、つまらなさそう

明らかな脈なしサインの代表格と言えば、笑顔が少ないということでしょう。

ほとんどの場合、誰でも多かれ少なかれ人に対して気を遣うものですし、つまらないなと感じても、多少は作り笑顔をするものです。

 

相手に不快な思いをさせないように、悪い印象を与えないように心がけるのが普通なのですが、それすらしないということは、要注意。

それはつまり、「あなたにどう思われてもいい」と思われてしまっているということですからね。

 

好意がある男性には、好かれたいと思うものですので、わざわざ相手を不快にさせる態度はしないのが普通でしょう。

そのため、作り笑いすらしないというのは、どうでもいいと思われており、脈なしの可能性が高いですね。

 

もちろん、彼女が忙しい時だったり、落ち込んでいる時や体調が悪い時は、笑顔が少なくなることもあるかと思います。

しかし、いつ話しかけてもつまらなそうで、あなたに対しての興味が伺えず、笑顔も少ないとなると、やはり脈なしの線が強いですね。

 

ただ、冒頭でもお話した通り、今脈なしだとしてもまだまだこれからですよ。

実際、現状で脈なしだったとしても、女性の心を動かすポイントを押さえてアプローチをすれば、逆転でその女性を付き合うことは可能なんですよね。

 

たった1つのポイントで女性の反応が変わるので、これを知らないがゆえに好きな女性を諦めてしまうのは本当にもったいないと言えるでしょう。

ですので、好きな女性がいるけどその女性が脈なしっぽいという男性はぜひこのポイントを押さえておくことをおすすめします。

 

このポイントと合わせて「2週間で振り向いてくれなかった女性と付き合うことができた事例」も下記で公開していますので、クリックして確認してみてください。

 

【※最短2週間】振り向いてくれない女性の感情に火をつけて意のままに付き合う方法

プライベートを明かそうとしない、聞いてこない

女性は自分が信頼している人に対してしかプライベートなことを明かさない傾向が強めです。

もっと自分のことを知ってほしい相手であったり、相手の情報を引き出したいという時に女性が自分の情報を提示することもよくあります。

 

それなのに、全くプライベートな話はしないし、聞いてもこない。

この場合も、あなたに対して興味がなかったり、警戒されている可能性が高いでしょう。

 

逆に言えば、恋愛の話を聞かれたり、あなた自身について質問をよくして来る場合には、脈ありの可能性があるということを覚えておいてください。

知り合ってそれなりに時間が経っているのに敬語のまま

知り合って時間が経っているのに、いつまで経っても敬語のまま接される場合も脈なしの可能性が高いですね。

もちろん、あなたの方が年上の場合は、礼儀として敬語を使うことも考えられます。

 

友人として出会ってもうそこそこの年月が経ち、こちらが敬語はやめても良いと伝えているにも関わらず敬語が抜けない場合などが要注意ですよね。

 

また、職場が同じで、上司と部下など、立場が違う関係である場合では、敬語を使うこともあるでしょう。

しかし、彼女とは職場では何の接点もなく、普通に友達付き合いをしている関係なのであれば、話は別。

 

友達付き合いないのに敬語がいつまでもなくならないというのは、距離を縮めたくないという女性からの合図でもあります。

やはり敬語というのは、人との心の距離を感じる話し方ですからね。

 

変に気を持たせたくない、線引きをしている、という目的で意図的に敬語を使っている可能性もあるのです。

要件のみで会話を続かせようとしない

連絡や声を掛けるのはいつもこちらからで、彼女から声が掛かるのは何かしら用事がある時だけ。

このようなケースでも、やはり積極的に彼女の方から関わろうという意思を感じられないため、脈なしの線が強いでしょう。

 

用事がきっかけだとしても、彼女の方から他の話題に繋げてくれたり、近状を気にしてくれる、その後も会話が楽しく続けられるのであれば脈ありの可能性もあります。

その一方で、きっちり要件だけで切られてしまう場合には、やはりあなたとの会話に興味がないと考えて良いでしょう。

好きな女性が明らかに脈なしの場合に逆転は可能か?

 

「まさか付き合うとは思いもしなかった」

世の中には見向きもされなかった女性を振り向かせる逆転劇を成し遂げた強者も少なくありません。

 

実際のところ、今は脈なしなだけであって、女性の気持ちも変わりますし、タイミングもありますから、決して諦める必要はないんですよね。

押してダメなら引いてみたり、自分磨きを頑張ってみたり、アプローチ法を変えることもできるでしょう。

 

本気で好きになった女性なのであれば、このようなを試みもしないで諦めてしまうのは、とてももったいないことなんですよね。

 

実際に、下記では既読スルーまでされた完全に脈なしの状態から逆転できた成功事例をご紹介いたしますので、ご覧ください。

 

 

この逆転事例のように、既読スルーをされていたとしても、振り向かせて付き合うことは十分可能です。

他にも、「2週間で振り向いてくれなかった女性と付き合うことができた事例」も公開していますので、もしあなたに好きな女性がいるのであれば、下記をクリックして学んでみてください。

 

【※最短2週間】振り向いてくれない女性の感情に火をつけて意のままに付き合う方法

 

 

もうね、実は単純な話で、惚れ直させてやればいいだけなんですよね。

今、好きになった女性をどうしても諦められない、本当に好きになった、というのであれば諦めずに前を向いて、惚れ直させてやりましょう。

 

信じれば必ず叶うとは言い切れませんが、やはり頑張っただけの成果は得られるもの。

 

頑張る以前と何も変わりがないなんてことはないはずで、正しい方法を知っていれば、よりその確率を高めることも可能ですからね。

脈なしサインが出たなら、それは今の現状であって、そこはきちんと受け止める。

 

その上で、今後どうすべきか?を検討する際の参考にし、もう少しその恋に対して突き進んでいくことをおすすめします。

まとめ

 

女性が見せる会話での脈なしサインは以下の通り。

 

  • 笑顔が少なく、つまらなさそう
  • プライベートを明かそうとしない
  • 知り合ってそこそこ経っているのに敬語のまま
  • 要件のみで会話を続かせようとしない

 

脈なしサインが見られても、あなたの頑張り次第では逆転して恋愛を成就させることは可能です。

そのため、脈なしサインが垣間見えたとしても、決して諦めることなくしっかりと現状を受け止め、今後の対策を練って、振り向かせてやりましょう。

 

 

↓ 好きな女性を惚れさせる
最強の武器はこちらをクリック!