好きな女性がいる男性であれば、誰しも彼女が自分のことをどう思っているのか、気になるもの。

女性の考えを0から100まで理解することができませんが、女性の仕草や態度から脈ありなのか、脈なしなのかサインを読み取ることがは可能です。

 

そういったサインから女性の恋愛心理を読み取ることで、好きな女性と付き合う可能性を高めることだってできますので、知っておいて損はありません。

そのため、今回は女性の仕草から読み取る脈ありサインと脈なしサインについてご紹介していきますので、じっくり読んで参考にしてみてください。

 

また、脈なしだったとしても、好きな女性を彼女にすることはできるのでしょうか?

 

女性の仕草から読み取る脈ありサインとは?

 

女性は共感脳ですから、コミュニケーションが得意で、仲良くしようと思えば、誰とでも仲良くすることができてしまいます。

そのため、女性の言葉を鵜呑みにするのは危険であり、女性の心理を理解するためには、何よりも女性の「行動」に注目するのが重要。

 

特に、行動は無意識に行っているものも多く、女性に「本当の心理」を表しているとも言われているほどです。

そのため、好きな女性がいる男性は必ず女性の「行動」で脈ありなのか、脈なしなのかを感じ取るようにしてみてください。

2人きりの時に髪をいじる

2人きりで話す際に髪をとかしたり、整える仕草を頻繁に行う場合には、あなたを異性として意識しており、あなたに良いと思われたいと思っている可能性が高いでしょう。

「少しでも魅力的に映りたい」という心理と共に、意識している相手を目の前にして「恥ずかしい」という気持ちから髪の毛を触るといった仕草に感情が現れてしまう場合が多く見られるというわけですね。 

目は合うけどすぐにそらす

男性でも女性でも、本能的に興味のあることには無意識にそちらに対して意識が向いてしまいます。

そして、何より分かりやすいのが「視線」。

 

意識していないつもりでも、ついつい視線で好きな人を追ってしまう、ということはよくありますので、よく目が合う場合にはあなたに好意を持っている可能性が高いでしょう。

そして、目がよく合うけれど、すぐにそらされるという場合にもあなたへの好意が隠れている可能性が。

 

すぐにそらすのは恥ずかしさによるもので、こういったシャイなタイプの彼女は非常に奥手であることが多いため、あなたにも彼女に対する好意があるのであれば、こちらから一歩アプローチしてみるのが吉でしょう。

ただし、こちらが見すぎているから相手も見てきているという場合がありますので、その場合は様子を見ながらアプローチしてみてください。

声のトーンが高くなる

好きな人と一緒にいると、それだけで幸せな気持ちになったり、自ずと感情が高まりますよね。

それは女性も同じであり、感情が高ぶっている時には、声のトーンが少し高くなる傾向にあります。

 

そのため、2人で話す際に声のトーンが上がる場合、あなたに好感を抱いているという可能性が高いでしょう。

もちろん、逆も然りで、自分と話している時にみょうにテンションが低いというケースでは、好意を抱いているとは言い難いですね。

女性の仕草から読み取る脈なしサイン

 

女性の仕草から脈ありであることがわかるのと同じで、脈なしであることも読み取ることができます。

脈なしサインをうまく読み取ることでアプローチの機会を間違えずに済みますので、こちらに興味が向いていない時にはアプローチを控えるのが吉。

 

もちろん、脈なしだからといって、好きな人と付き合える可能性は0ではありませんので、諦めないことが重要です。

スマホを常にいじる

2人きりで、こちらから話をしようという姿勢をとっているにも関わらず、女性がスマホばかりいじっているという場合には、残念ながら、あなたに対してはあまり興味がないということ。

せっかく話をしているのに、スマホに夢中というのはあまり気持ち良いものではありません。

 

相手もそれは承知のはずで、それをわかってやっているということは、「早く話を切り上げたい」という気持ちを察して欲しいがゆえに行っている場合が考えられるでしょう。

笑顔が少ない

好きな人の前では自然と笑顔が増えるもの。

そうでなくとも、好意のある相手に対しては良い印象を与えたいと思い、笑顔を意識するものです。

 

女性は愛想笑いも得意なのですが、話をする際に笑顔が少ないという場合には、まだあなたに対してあまり興味がないと考えて良いでしょう。

一定の距離を保とうとする

人は、心を許した人とは積極的に心の距離も体の距離も近くなる傾向にあります。

逆に、他人やそれ程好感を持っていない人に対しては、一定の距離を保とうとします。

 

いつまでたっても他人行儀で心を開いてくれない、また体の距離も何だか遠いという場合には、アプローチを掛けるにはまだまだ時期尚早。

まずはあなた自身に対して興味を持ってもらうというところから一歩ずつ始めましょう。

 脈なしサインが出ていると逆転は不可能なのか?

 

女性からの脈なしサインが出ていると、「自分には無理なのかなあ」と思ってしまいますよね。

しかし、実際のところ、脈なしから逆転して好きな女性と付き合うということは十分可能です。

 

もちろん、大前提として理解しておきたいのは、脈なしサインが出ている今の段階では無理ということで、3ヶ月や半年といったスパンでその女性の心理を変えていくことが必要不可欠。

また、今の自分に対して脈なしが出ているということでもありますので、そのスパンの間に自分を変えていくことが最も重要です。

 

  • 服装や髪型など外見を変える
  • 仕事を一生懸命頑張って尊敬を勝ち取る
  • もう少し女性慣れをする
  • 自信と余裕を身につける

 

こういった努力を重ねていくことで、徐々に好きな女性に興味を持ってもらうことで、脈なしサインを脈ありに変えていくことができる、というわけですね。

普通に考えて欲しいのですが、人間の心理を変えるというのは大変なこと。

 

つまり、女性の脈なしサインを脈ありサインに変えるというのは大変なことであり、自分自身もその女性を惚れさせる努力が必要ということでもあります。

大きな成果は努力をせずして手に入るものではありませんので、本当に好きなのであれば、その女性を手にするために、努力を重ねてみてください。

まとめ

 

女性の行動・仕草から男性に対してどのような心理を抱いているのかを把握することができ、それをうまく感じ取ることで恋愛をスムーズには運ぶことができます。

脈ありの場合には「髪をいじる」、「目が合うけれどすぐにそらす」、「声のトーンが高くなる」という行動が顕著。

 

逆に、脈なしの場合には「スマホを常にいじる」、「笑顔が少ない」、「一定の距離を保とうとする」という行動が垣間見えます。

ただし、脈なしサインが出ている状態でも、スパンをもうけてその女性を惚れさせるために努力を重ねれば、脈ありに変えることが可能。

 

 

<ブログランキングの応援をお願いいたします! >


人気ブログランキング

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村