「どうしても落としたい」と思えば思うほど、その女性に嫌われていないかどうか気になってしまうもの。

また、なんとか好きになってもらおうとして、その女性を特別扱いしたり、優しくしすぎてしまう男性も多いでしょう。

 

もちろん、適度な特別扱いや優しさは必要です。

しかし、結論から言うと、その女性に好かれようとすればするほど、その女性を手にすることはできなくなってしまいます。

 

 

なぜか?

それはあなたが女性を下から見上げて、好かれようと優しくしたところでそれを見透かされてしまうからなんですよね。

 

「どうせ私のこと好きなんでしょ」と。

恋愛は基本的に精神的に上に立った方が勝つものですので、こうなってしまうと、あなたが女性を落とすのは難しくなってしまうのです。

 

 

だからと言って、上から見下すのももちろんNG。

好きな女性を落としたいのであれば、女性を「好かれたい下心」を決して出すことなく、対等な立場で接していくことが何よりも重要なのです。

 

女性を下から見上げては好きな女性は落とせないという真実

 

好きな女性を落とすためには、価値の高い男になってしまえば、本能的に好きになってもらうことができる。

それは、脈なしからの逆転コラムの第2回でもお話をした通りですよね。

 

第2回記事はこちら:【好きな女性の落とし方(2)】本能を利用すれば女性を惚れさせることができる!

 

 

第2回でもお話した通り、女性の本能は優秀な遺伝子を求めることから、価値の高い魅力的な男性を求めるわけです。

それは、つまり、女性は自分よりも尊敬できる男性、いいなと思える男性を好きになるということ。

 

そのため、女性のことを好きになりすぎて、高嶺の花のように下から見上げてしまっていては、落とすことは難しいんですよね。

もちろん、だからと言って、女性に優しくするなというわけではありません。

 

 

重要なのは、「好かれたい」、「好かれよう」という下心を持って、優しくしたり、話かけたり、LINEの文面を考えたりしないことです。

実際に、モテる男は女性に対して、決して下から見上げることなく、好かれようと思うことなしに接していますからね。

 

下から見上げて、好かれようとして接していると、どうしても価値のある男性と思われることはほとんどありません。

「あ、この人私のこと好きなんだ」と感づかれると、どうしても精神的に女性の方が上の立場になりますので、落とすのは難しくなってしまうわけですね。

 

 

恋愛で好きな女性を落とすためには、いかに相手の気持ち・心を揺さぶることができるかが重要であり、好き好きモードで接していては非常に不利なのです。

実際、「この人、私のこと好きなのかなあ」、「本気なのかなあ」と思わせているくらいがちょうどいいんですよね。

 

ご飯やデート場所を決めるにしても、女性に気に入られようとして合わせるのではなく、相談をしつつもあなたが主導で決める。

自分の意思ではっきりと示すことは自己中心的と思われがちですが、女性の本能に対しては、「決断力がある・頼りになる」という好印象を与えることができるのです。

 

 

自分の意思で物事をはっきり決める、はっきり言う、女性を下から見上げない、仕事に没頭する、前向きにポジティブに過ごすこと。

このように、1つ1つ魅力的な男になるべく行動していけば、今、好きな女性が振り向いてくれなくても、あなたを見る目は次第に変わっていきますよ。

 

 

また、好きな女性を落とす上で絶対に押さえるべきポイントが1つあり、これさえできればスムーズに好きな女性と付き合うことができます。

たった1つのポイントで女性の反応が変わるので、これを知らないがゆえに好きな女性を落とせないのは本当にもったいないんですよね。

 

ですので、付き合いたい女性がいる男性は頭に入れておくべきでしょう。

超強力に女性の感情を動かすことができるため、今、振り向いてもらえていなくても、逆転であなたの好きな女性と付き合うことも可能です。

 

実際に、このポイントと合わせて「2週間で振り向いてくれなかった女性と付き合うことができた事例」も公開していますので、下記をクリックして確認してみてください。

 

【※最短2週間】振り向いてくれない女性の感情に火をつけて意のままに付き合う方法

女性は価値のある男性から褒められた時に喜ぶ

 

女性を落とすためには、「とにかく共感して、褒めてあげることが重要」とネットや雑誌のいたるところに書いてあるが、それは違う。

正しくは、価値のある魅力的な男性から褒められた時に、女性は嬉しいと思うのです。

 

あなたも尊敬している人から認められたり、褒められると嬉しいですよね。

それと全く同じで、尊敬している男性、いいなと思っている魅力的な男性に褒められるから女性も嬉しいのです。

 

 

女性を下から見上げて、好きになってもらおうとして褒めて、褒めまくるのは、そもそも貴重ではなありません。

ですので、女性も嬉しくないのです。

 

むしろ、「好かれたいと思って言ってるんでしょ」と察知されて逆効果になってしまうことも少なくありませんからね。

 

 

一方で、モテる男性は女性に迎合する(媚びへつらう)ことなく、対等な立場で接しているため、「褒め」が効果を発揮するのです。

つまり、大事なのは、相手があなたのことをどう感じているか、ということでもあります。

 

あなたが女性のことを下から見上げてしまっていると、「ああ、この人は私のことが好きなんだな」となめられてしまう。

その状態であなたが褒めたとしても、下心で褒めていると思われてしまうだけなのです。

 

 

だからこそ、好きな女性を落とすために重要なのは、あなたに対する女性の印象をよくしていくこと。

むやみやたらにアプローチをしても引かれてしまうので、まず印象を変えるんですね。

 

「興味がない」と思われている状態を、あなたが価値の高い男性になるよう努力していくことで変化を感じさせて、興味をもたせていく。

興味を持ってもらえるようになると、食いつきが上がり、あなたの「褒め」や「共感」、「駆け引き」が効果を発揮するわけです。

 

 

結局、自分のレベルが低いのに小手先のテクニックに頼ったところで、脈なし女性の心を落とすことはできません。

自分の魅力を上げた上で、テクニックを駆使するから女性の心を揺さぶることができるのです。

 

そのため、なかなか振り向いてくれない女性を惚れさせたいのであれば、まず、魅力的な男になることが一番重要ということですね。

その結果、女性の尊敬を勝ち取ることができるようになれば、間違いなく、あなたは彼女と付き合うことができるようになっているでしょう。

 

 

↓ 好きな女性を惚れさせる
最強の武器はこちらをクリック!

まとめ

 

女性は価値の高い男性を好きになることから、「好かれたい」という思いで迎合する男性を好きにはならない。

そのため、好きな女性を落とすためには、女性を下から見上げるのではなく、対等に接することが重要。

 

「女性を落とすには褒めることが大事」とも言われているが、これも同じで、自分が価値のある男になっていなければ効果がない。

魅力的な男になるために努力を重ね、女性からの尊敬を勝ち取ることで、脈なしを脈ありに変えることができる。