好きな人のLINEをゲットしてやりとりをしているけど、あまりにがっついてしまうと嫌われてしまうから、どのくらいの頻度がベストなんだろうか。

下手をしてしまうと、LINEで既読スルーされてしまう可能性もあるため、できるだけミスなくいきたいところ。

 

ということで、今回は好きな女性とのLINEの頻度はどのくらいがベストなのか、を徹底解剖していきます。

今の時代の恋愛には欠かすことができないLINEだからこそ、LINEで失敗しないようにじっくり読んでみてください。

 

好きな女性とのLINEの頻度は相手との関係性によって決まる!

 

「好きな女性とのLINEの頻度はどのくらいがいいのか」、結論からいきなりお話してしまうと、相手との関係性によるということに尽きます。

あなた自身のことでも思い出してみて欲しいのですが、好きな人からLINEがくれば嬉しくて、どうでもいい人からのLINEでは何も思わないはずですよね。

 

恋愛においてもそれと全く同じで、LINEの頻度はあなたと好きな女性との関係性で決まります。

LINEでなんとか逆転を・・・と言いたいのですが、LINEはあくまでテキストメッセージですから、直接会っている時の印象が全て。

 

もちろん、LINEでの反応があまりよくなくても、そこからの逆転はいくらでも可能です。

ただ、LINEの頻度はあくまで、相手との関係性で決まるということを頭に入れておきましょう。

あまり仲がよくない場合

相手との仲があまりよくない、知り合ったばかりというケースでは、頻繁にやりとりをすることはあまりおすすめできません。

というのも、女性は女性同士でもやりとりをしていますし、他の男性からもLINEが届いており、その中であまり仲がよくないあなたが送ったところで、返信の優先順位は低くなってしまうから。

 

このようなあまり仲がいいとは言い切れない関係性の場合は、普通に既読スルーだってありえます。

そのため、もし職場が同じ、バイト先が同じなど直接会うことができる場合は、直接会っている時に信頼関係を積み重ねていきましょう。

 

直接会っている時に話が盛り上がったり、ご飯に行く約束ができた場合は、あなたの優先順位も高くなっているでしょうから、相手も好意的にLINEを返信してくれる可能性が高まります。

なお、マッチングアプリでのやりとりなど直接会うことができない関係の場合は、何通かやりとりをして、共通点や盛り上がったタイミングでご飯に誘ってみることが重要。

 

何度もいうように、LINEよりも直接会っている時の方が100倍仲良くなれますので、普段会えない関係性の場合は、会うためのオファーを投げかけることがキモとなります。

恋愛で仲良くなれるのは、100回のLINEよりも1回のご飯です。

 

好きな女性を落とす上で絶対になくてはならないことが1つあり、これさえできれば意のままに付き合うことが可能。

どうしても落としたい女性がいる男性は、下記で詳しくお話していますので、クリックして読んでみてください。

 

【最短2週間】振り向いてくれない女性の感情に火をつけて意のままに付き合う方法

仲が悪いわけでもないが良いわけでもない場合

 

普段から直接会っており、仕事や学校で少し話す程度で仲が悪いわけでも良いわけでもない関係性の場合も、無理にLINEの頻度をあげるのは禁物。

この場合も、仕事や学校、バイト先など直接会っている時に仲良くなることの方が先決。

 

実を言うと、恋愛において、男性が失敗するケースのほとんどがLINEなのです。

大して好意がないのに、LINEではがっついてくる、アプローチをしてくる男性に対して、女性がついていけずに嫌われてしまうというケースが非常に多い。

 

一方で、モテる男性というのはさほどLINEを重視しておらず、直接会っている時にしっかりと好意を積み重ねているわけです。

だから、LINEを送っても既読スルーされることはないし、むしろ、女性側は喜んでくれる。

 

そのため、相手との関係性が「普通」である場合は、無理してLINEを送らずに、直接会っている時に信頼関係を積み重ねていきましょう。

相手からの好意も感じる場合

直接会っている時に、信頼関係を積み重ねて、相手からの好意も感じる場合は、LINEの頻度を気にする必要はありません。

というのも、相手から好意を持たれているため、LINEを送っただけで喜んでくれるから。

 

嫌いな人からは何をされても嫌な一方で、好きな人からは何をされても嬉しい、という言葉の通り、好意を持たれていれば、LINEの頻度を気にする必要は全くないのです。

とはいえ、もちろん、何通も連続で追撃したり、しつこいアプローチをするのは絶対にNG。

 

相手の温度感に合わせて、同じ頻度で同じような文章量で送ってあげるだけで、全く問題ありません。

相手からの好意を感じる場合は、サッサとご飯やデートに誘って直接会う機会を増やす方が早く付き合うことができるでしょう。

 

もし好きな女性を落としたいのであれば、このような直接会っている時に「相手から好意を持たれている状態」を目指すべきなのです。

結論:実はLINEの頻度とかってどうでもいい

 

LINEの頻度は相手の女性との関係性で大きく変わってくるというお話でしたが、結論、実をいうと、LINEの頻度というのはさほど重要ではありません。

それは、先ほどの文章を読んでいただけたらすぐにわかりますよね。

 

恋愛において重要なのは、LINEではなく「会っている時の印象・関係性」なのです。

会っている時に好意を持たれていれば、LINEを送っても普通に返ってくるし、デートの誘いも断られない。

 

LINEがうまくいかないとか、誘っても断られてしまう、という人はついつい「LINEが悪いんじゃないか」、「誘い方が悪いんじゃないか」と目の前のことに目が行きがちですが、本質はそこではありません。

何度も言いますが、いかに直接会っている時に好意を持たれるかどうか、これに尽きます。

 

そのため、職場や学校、バイト先に好きな人がいるのであれば、そこで信頼関係を作り上げていきましょう。

もし、直接会っている時に好意をあまり感じない、脈なしっぽいと感じるとしても全く問題ありません。

 

というのも、いくらでも脈なしから逆転して好きな女性と付き合うことはできるから。

脈なしから逆転して、好きな女性を落としたいという方は下記の記事で詳しくお話していますので、じっくり読んでみてください。

 

参考:【脈なしからの逆転】脈なし女性を落とすことは全然可能!?

 

直接会っている時に好意を持ってもらって、LINEでは少しやりとりをして、ご飯に誘う・・・これが一番可能性の高い好きな女性の攻略法なのです。

まとめ

 

好きな女性とのLINEの頻度は相手との関係性によって変わってくるため、一概にこれがベストというものはない。

ただ、LINEの頻度で重要なことは、LINEが重要なのではなく、LINEをするまでの、直接会っている時の関係性で決まると言っても過言ではない。

 

逆に、もし直接会っている時に、好意を持ってもらうことができていれば、LINEの頻度など気にする必要は全くない。

そのため、まずは職場、学校、バイト先など直接会っている時にいかに仲良くなれるか、を目指していくのがおすすめ。

 

 

↓ 狙った好きな女性を惚れさせる
究極のバイブルはこちらをクリック!