社会人になってからの恋愛で、男女ともに断然多いのが社内恋愛。

やはり身近にいる分意識しやすく、関わりが多い分、一緒に仕事をしたことをきっかけにどんどん好きになってしまうことも。

 

しかし、同じ会社ということで距離が近いため、振られてしまった時のリスクが大きく、つい尻込みしてしまうという人も多いのではないでしょうか。

ということで、今回は職場での女性へのアプローチ方法、社内恋愛の鉄板の流れを徹底解剖していきます。

 

もちろん、振られてしまった時のリスクもありますが、距離が近い分、ゲットできる可能性も非常に高いのも事実。

振られないように、女性の脈あり・脈なしサインをしっかり把握しながらアプローチしていきましょう。

 

職場で男から好きな女性にアプローチする方法!社内恋愛の鉄板の流れは?

 

職場恋愛、社内恋愛で最も考えなければならないことは、やはり、振られてしまった時のリスク。

職場での恋愛は距離が近く、相手の女性の気持ちを考えずにアプローチをしてしまうと、嫌われてしまい仕事への影響が出てしまうことも。

 

そのため、職場で気になった女性にアプローチする時には「段階を踏む」ことが何よりも重要。

段階を踏みつつ、相手の女性がどのように思っているのか、常に脈ありなのか、脈なしなのかを把握しながら、アプローチしていきましょう。

挨拶はもちろん、気遣う言葉を掛けるなど好感度を高める

社内恋愛で失敗しないためには、焦らないことが大切。

焦ってグイグイ攻めてしまい、相手に引かれたり、振られてしまうと、彼女から嫌われるだけでなく、社内でも嫌な噂がまわってしまうという最悪のケースも。

 

そのため、社内恋愛では段階をきっちり踏んでいくことが成功の秘訣であり、まずは挨拶から始めましょう。

挨拶を交わす仲になることがでれば、次の段階として、挨拶と共に「昨日は遅くまで残っていたけれど大丈夫だった?」や「顔色が良くないけれど大丈夫?」など、気遣いの言葉も一緒に添えてみてください。

 

こういったポイントを少しずつ稼いでいくことが成功への近道です。

自分の存在を認識してもらい、いい印象を受け付けていくことで、後々距離を自然に縮めていくことができます。

悩みを聞いたり、仕事をサポートしてあげる

女性は頼りになる男性や仕事の出来る男性にキュンとするもの。

そのため、仕事の合間など、困っていたらさり気なくサポートしてあげたり、もう少し近い関係なのであれば、悩み相談にのってあげてみてください。

 

さり気なく頼れる男を見せていくと、徐々にあなたを意識して見てくれるようになるはず。

ただし、自分から「相談に乗ろうか」などと言った言葉をかけるのではなく、「何かあった?」など、相手が相談しやすくなる言葉をかけてあげましょう。

 

好きな女性を落とす上で絶対になくてはならないことが1つあり、これさえできれば意のままに付き合うことが可能。

どうしても落としたい女性がいる男性は、下記で詳しくお話していますので、クリックして読んでみてください。

 

【最短2週間】振り向いてくれない女性の感情に火をつけて意のままに付き合う方法

差し入れや褒めるなど、こちらを意識させる

 

やり過ぎは引かれたり、迷惑がられる可能性もあるのでNGですが、やはり少々のアプローチもしたいもの。

大分打ち解けて来たなと感じたら、仕事の合間に「お疲れ様!」と飲み物等を差し入れて気遣ったり、さり気なくその日の服装や髪型、仕事内容等を褒めるなど少しずつアプローチしていきましょう。

 

やはり、褒められたり、疲れている時の気遣いは嬉しく感じるもの。

ただし、毎回毎回やっていては警戒されますので、理由をつけつつ自然とできるタイミングを狙ってみましょう。

まずは複数人での食事や飲み会に誘う

男性といきなり2人で会うということに対して抵抗があるという女性は意外と多いもの。

不信感を抱かれてしまうと今後避けられたり、距離を取られてしまう可能性があるため、仲良くなれたしそろそろと思っても、最初は大人数での食事や飲み会でもう少し距離を詰める方がリスクが少なく安心でしょう。

 

飲み会での態度も女性はしっかりと見ています。

飲み過ぎて酔っ払って絡むのは絶対にNGで、周りに配慮して世話役を買って出るくらいの男性に女性はキュンと来るもの。

 

さり気なく彼女を気遣うことも、もちろん忘れずに。

彼女が飲み会や食事会を純粋に楽しめるようにサポートしてあげましょう。

 

この辺りで何かの理由を付けて、さり気なくLINEやアドレスをゲットするといいでしょう。

また、夜のご飯は警戒されますが、ランチは警戒心が薄いため、タイミングが合えば、ランチでも誘ってみて距離を縮めていくことをおすすめします。

LINEのやり取りが増え、手応えを感じるようになれば2人での食事に誘う

プライベートでも連絡のやり取りが増え、自分に対して心を開いてくれるようになったら、いざ次の段階へ。

彼女の気になっているお店や好きな食べ物をリサーチして、2人での食事に誘いましょう。

 

あまりかしこまって誘うと重く受け取られてしまう可能性もあるので、軽く、「ここのお店が美味しいらしいんだけど、行ってみない?」といった感じで誘ってみると相手も軽いノリでOKしやすいでしょう。

ただし、注意すべきことは好きな女性にご飯をOKしてもらったからと言って、脈ありとは限らないということ。

 

仲良くなったら何の気なしにご飯にいく女性も多くいますので、ご飯に誘ってOKをしてくれた女性の恋愛心理も下記の記事からしっかり学んでみてください。

参考:好きな女性をご飯に誘ってOKしてもらったからといって脈ありとは限らない

いよいよ告白へ

何度か食事デートを重ねたら、次はいよいよ告白。

今までの努力を水の泡にしてしまわないように、ムードたっぷりのロマンチックな場所をセレクトして自分の気持ちを打ち明けましょう。

 

ただし、告白の前に男女の関係を意識させておかなければ、どうしても「友達としか見れない」と言われてしまうことも。

そのため、下記の記事でもお話していますが、冗談っぽく好意をほのめかすなど、男女の関係を意識させることで布石を打っておきましょう。

 

参考:好きな女性の落とし方!狙った女を落とす恋愛テクニック7選!

まとめ

 

社内恋愛はいきなりアプローチをしていくのではなく、焦らず少しずつ、段階を踏んで詰めていくのが吉。

基本的な職場での恋愛の鉄板の流れは以下の通り。

 

  • 挨拶や気遣う言葉を掛ける
  • 悩みを聞いたり、仕事のサポートをしてあげる
  • 差し入れやさりげなく褒める等してこちらを意識させる
  • 複数人で食事や飲み会へ誘う
  • 2人での食事に誘う
  • タイミングを図って告白する

 

職場で振られた時のリスクを考えると、告白まではじっくりと時間を掛けるのが成功への秘訣で、少しずつ確実に、彼女との距離を詰めていくことが重要。

 

 

↓ 狙った好きな女性を惚れさせる究極のバイブルはこちらをクリック!