付き合う前の好きな女性を怒らせてしまった場合、「もう脈なしなんじゃないか」、「嫌われてしまったかな」と不安になってしまいますよね。

実際に、付き合う前の喧嘩は致命的で、彼女の捉え方によっては関係の修復どころか、避けられてしまうことも。

 

ただ、彼女の怒りの加減や彼女を怒らせてしまった時のフォローの仕方によっては、関係の修復は十分可能です。

もちろん、その後の関係に繋がり、無事好きな女性と付き合うことだってできてしまいます。

 

そのため、今回は付き合う前の好きな女性を怒らせた時の正しい対処法、そこから付き合うことができるのか、を徹底解剖していきます。

付き合う前の女性を怒らせてしまった場合は、もうダメだと思わずに、逆転できるように粘ってみてください。

 

付き合う前の好きな女性を怒らせた際の対処法!

 

女性の心を理解するのは難しく、喧嘩や彼女を怒らせてしまった場合、どのように謝ればいいのか悩んでいるというも多いのでは?

ズバリ、付き合う前の好きな女性を怒らせてしまった場合の対処法をご紹介いたします。

言い訳せずに素直に謝る

女性が怒っているということは、何かあなたが女性を怒らせてしまうようなことをしてしまった場合がほとんどでしょう。

そういう場合は、やはり、素直に謝るのがベスト。

 

この時に気を付けて欲しいのが、格好つけようとして変に言い訳をしないこと。

「でも・・・」と言い訳を始めてしまうと、更に彼女の怒りの感情を高ぶらせてしまう可能性が高くなります。

 

素直に非を認めなかったり、言い訳をする男性は基本的には女性にあまり良い風に思われません。

真剣に謝ることが大切で、その際にはきちんと彼女の怒りの理由について考え、理解していることも重要です。

 

なぜかと言うと、「なぜ私が怒っているのか分かっているの?」と聞いて来る女性も少なくないから。

そして、その理由を述べた上で、「今度からはこのようにするから」と今後の姿勢について述べると、なおいいですね。

相手の出方によっては暫く距離を置く

話し合い自体を避けられてしまうケースや、話し合いをして謝ったにも関わらず不機嫌で、その後も引き続き避けられたり距離を感じる場合には、一度距離を置くのがベストです。

彼女の中の怒りが強く、今はどうやってもなだめられないことが考えられます。

 

あなたからすれば、早く元の関係に戻りたかったり、焦り等から再び謝りたいや、避けられても、何とかして連絡をしなくては、と思ってしまうかもしれません。

ですが、それは今は逆効果。

 

あなたに対してすごくネガティブな気持ちを持っているであろう今は距離を置き、彼女の気持ちが治まるのを待ちましょう。

人は都合の良い生き物で、時間が経てば嫌な記憶も薄れていきます。

 

なので、時間が経てば、あなたに対するネガティブなイメージも今よりは薄くなっていくでしょう。

その時期が来るまでは変にアプローチをしたりせず、連絡も控えた方が吉。

 

彼女の様子を伺いつつ、1~2ヶ月程度様子を見てから、彼女のあなたに対する姿勢を察した上で、彼女がこちらの話をきちんと聞き入れる姿勢を見せてくれたのであれば再び連絡を取り、素直に謝ってみてください。

関係を修復し、付き合うことは可能か?

 

付き合う前に好きあ女性を怒らせてしまったとしても、彼女に対して上手くフォロー出来たのであれば、関係を修復して、その後深い関係へと進むことも可能です。

「喧嘩をするほど仲が良い」なんていう言葉もありますし、怒れるのはある程度あなたと気心知れた仲であるため。

 

喧嘩をしたことにより、一皮むけて関係が1ステップ進み、より何でも言い合える関係になることだってあります。

そうなることが出来れば、恋人になるまではもう一歩とも言えるでしょう。

 

ただ、仲直りした後に修復できるかどうか、は喧嘩後のあなたの出方次第。

付き合う前の好きな女性を怒らせてしまった場合、先ほどピックアップしたポイントを踏まえて、彼女を下手に刺激しないようにしてください。

 

自分に対して、それ以上マイナスに思われる要素を増やさないように気を付けましょう。

ただし、あまりにも下手(したて)に出過ぎて、なめられないようにしてくださいね。

まとめ

 

付き合う前の片思いの女性を怒らせてしまった場合には、以下の2つの対処法が効果的。

 

  • 言い訳せずに素直に謝る
  • 彼女の出方によっては暫く距離を置く

 

このポイントを守ることで、関係を修復し、あわよくば交際にまで進展出来る可能性も。

嫌われたくないのであれば、自分の気持ちを少し我慢することも大切。

 

付き合う前の彼女を怒らせてしまった場合には、下手に彼女を刺激したり、下手な一言で嫌われてしまわないよう、慎重に行動するのが吉。

 

 

<ブログランキングの応援をお願いいたします! >


人気ブログランキング

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村