「どうしてもあのこと付き合いたいけど、口説き方がわからない」、「なんとかして好きな女性を落としたいけど、どんな会話をすればいいのかわからない」

このように、好きな女性と付き合いたいけど、どんな会話をすればいいのかわからないという男性は少なくありません。

 

これは必ず覚えておいて欲しいのですが、女性は女性脳であるため、女子会やカフェで「会話」をするのが大好きです。

つまり、恋愛においても、女性は「会話が楽しい」と思える男性に好意を抱き、モテる男も会話が上手なことが多いのも事実ということ。

 

そう、好きな女性を惚れされるためには、「会話」は避けては通れないのです。

では、好きな女性と付き合うためにはどんな会話をすればいいのか、また、女性を惚れさせる上でとても重要な会話のテクニックを厳選してお話していきますので、じっくり読んでみてください。

 

好きな女性を惚れさせる会話の方法・テクニック7選

 

「好きな女性との会話か・・・面白い話は得意じゃないし」とブルーな気分になっている方もいるかもしれません。

しかし、好きな女性を惚れさせるためには、面白い話など一切不要。

 

むしろ、女性は共感脳であり、言葉を話せば話すほどストレスが発散できると言うデータも出ているくらいですから、話を聞いてあげることが何よりも重要になります。

自分の自慢ばかり話しているおしゃべりな男よりも、「うんうん」と聞いてあげる男性の方がはるかにモテるのです。

 

これが女性との会話で最も気をつけるべき点で、常に聞く姿勢を持って、これからご紹介するテクニックを駆使してみてください。

会話の流れは彼女の自分史「過去→現在→未来」

人間は自分のことを話している時が一番楽しいもので、恋愛においても、それをうまく利用することで好意を持ってもらうことができます。

つまり、会話の内容を「好きな女性の自分史」にしてしまえばいい、ということ。

 

特に過去→現在→未来の順で彼女がどんな人生を送ってきたのか、を聞いてあげて、その上で、リアクションを取り、褒めてあげるといいでしょう。

家族構成やどこで生まれたのか、どんな子どもだったのか、小学生時代、中学生時代、高校、初めての彼氏、大学、なぜその大学にしたのか、なぜ今の会社にしたのか、これからどうしたいのか、などですね。

 

このように、会話に流れを作ってあげることによって、彼女自身の話をスムーズに聞くことができます。

もし相手の女性があまり話したがらない場合は、自分が少し話した上で、「君はどんな学生時代だったの?」という風に聞いてあげると話しやすい空気を作ることができるでしょう。

 

話をしたがらない女性は、「どこまで喋ればいいのかわからない」という感情を抱えていることが多いため、自分が自己開示して基準を作ってあげることが重要です。

イエスセットで彼女のYESを増やす

会話のテクニックの1つに「イエスセット」と言うものがあり、女性との会話の中で「YES」を多く言わせることで信頼関係を積み上げていくことができるようになります。

イエスセットとは、例えば、カシスオレンジを飲んだ女性が「美味しい」と言った後に、「カシスオレンジ好きなの?」と聞いて、「うん!」と言う返事をもらうことですね。

 

イエスセットで「YES」を多く積み上げるコツは、明らかにYESな質問をぶつけること。

たったこれだけ、「YES」を積み上げていくだけで、信頼関係を築くことができ、女性に「あなたといると楽しい」と思ってもらうことができるでしょう。

彼女の価値観を否定することなく全て受け入れる

 

もしあなたが好きな女性を惚れさせたいと思うのであれば、彼女がどんな価値観だったとしても、否定してはなりません。

例えば、ワンナイトでも平気と言う女性でも、仕事第一の女性でも、恋愛第一の女性でも、もしあなたがその女性と付き合いたいのであれば、全てを受け入れましょう。

 

というのも、その価値観こそが、あなたの好きな女性だから。

男性はどうしても女性に対して、「こうあって欲しい」という理想を持っていますが、好きな女性が完璧に理想的な女性である可能性は低いのです。

 

だからこそ、どんな価値観を持っていたとしてもまず受け入れてあげる。

また、人間には「承認欲求」がありますので、受け入れてくれた、「この人は私のことをよくわかっている」と思ってもらえることで、こちらにも好意を向けてくれます。

好意をほのめかす言葉をジャブで使う

好きな女性が自分のことをどう思っているのか、をリスクなく確かめることができる方法がこれ。

好意をほのめかす言葉をジャブで使って、その反応を見ることで脈ありなのか、脈なしなのか、を図ることができます。

 

例えば、「一緒にいると楽しい」、「またご飯行こう」、「もし自分たちが付き合っていたとして…」、という風に冗談まじりで伝えていくことで、相手の反応を見ることができます。

さらに、この方法のメリットは、「友達ではなく、男女の関係」を女性に意識させることができる点。

 

好きな女性を惚れさせるためには、何よりも、「男」として見てもらうことが重要ですので、好意をほのめかすのは非常に重要になります。

ただ、あまりに真剣に伝えると重くなりますので、女性に「本当かな?」と思わせるくらいの軽いジャブ程度に伝えるのがキモ。

外見ではなく内面を褒める

あなたが想像している以上に、女性とは日夜口説かれています。

様々な男性が女性にアプローチしていますので、容姿が整っている女性は、特に「可愛い」と言う言葉は言われ慣れています。

 

そのため、褒める場合は、外見ではなく、「意外としっかりしてるんだね」、「将来のことしっかり考えてて素敵だね」という内面を褒める言葉を伝えてみてください。

内面を褒めるタイミングは、彼女の自分史を聞いたタイミングで褒めてあげると、自然になりますよ。

彼女の会話のペース(速度)を合わせる

 

彼女の会話の速度に合わせて、こちらも話をするというのも会話の有効なテクニック。

これはペースを合わせるため、「ペーシング」とも言われており、行動ベースで女性に対して、「この人とは波長が合うな」と思わせることが可能になります。

 

好きな女性がゆっくり話すタイプであれば、ゆっくり話して、早くしゃべるタイプであれば、早く喋ってあげるのがポイント。

イエスセットをしながら共感をすることで「価値観が合う」と思わせることができ、このペーシングでは「波長が合う」と感じさせることができるので、組み合わせるのがおすすめです。

自信満々に目を見つめて会話をする

「目は口ほどにものを言う」という言葉がある通り、女性の目をしっかりと見つめることができる男性は例外なくモテます。

そもそも、目をじっと見つめることができるということは「自信」の現れでもありますので、「自信のある男だぞ」ということを口ではなく態度で表すことができるわけです。

 

ただし、女性の方が会話が得意な傾向にありますので、もちろん、アイコンタクトも女性の方が得意。

そのため、女性と会話していると、じっと見つめられることが多々あると思いますが、目をそらさないように、日頃から練習しておきましょう。

まとめ

 

女性は共感脳であるため、好きな女性を落とすためには必ず「会話」で信頼関係を積み重ねていくことが重要。

好きな女性を惚れさせる会話の方法・テクニックは大きく以下の通り。

 

  • 会話の流れは彼女の自分史
  • イエスセットで信頼を積み重ねる
  • 彼女の価値観を全て受け入れる
  • 好意をほのめかす言葉で男女を意識させる
  • 彼女の外見ではなく内面を褒める
  • 彼女の会話のペースを合わせる
  • 自信満々で目と見つめて話す

 

ただし、これらの会話のテクニックはあくまでテクニックであり、あなた自身の魅力やタイミングといった要素も関係してくることを忘れてはならない。

 

 

<ブログランキングの応援をお願いいたします! >


人気ブログランキング

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村