気になる女性、付き合いたいと思う女性とデートはできたものの感触がイマイチだった。

デート後のLINEの返信もあまり感触がなく、もしかしたら脈なしなんじゃないか、と不安に思ってしまいますよね。

 

実際に、初デート後の女性の反応で脈ありなのか、脈なしなのかを知ることができますので、それをうまく察知して次の戦略を練ることで脈なしからでも逆転で付き合うことは可能。

ということで、今回は付き合う前の女性が初デート後に見せる脈なしサイン、脈なしLINEを徹底解剖していきます。

 

付き合う前の女性が初デート後に見せる脈なしサイン・脈なしLINE

 

付き合う前の女性が初めてのデートや初めてのご飯の後に見せる脈なしサイン、脈なしLINEを早めに察知することで、しつこくアプローチをして嫌われるなんてことを防ぐことができます。

脈なしサインや脈なしLINEは、女性が「付き合うのはなしかな…」と思っているから出しているため、このままアプローチを続けても逆効果であることは間違いないでしょう。

 

そんな脈なしサイン・脈なしLINEの特徴は、一言でいうと、デート後にあなたへの対応がそっけなくなる、というもの。

今まではすぐに返ってきていたLINEも返信が遅くなったり、内容もそっけなくなったりと明らかに変化が見えるものは脈なしサインと考えるべきなのです。

 

それでは女性が初デート後に見せる代表的な脈なしサインをピックアップしていきます。

その日、もしくは翌日に女性からLINEがきていない

デートやご飯に行った後、普通であれば礼儀として「ありがとう」のLINEを返信するもの。

ましてや、お礼のLINEはLINEをする上でのいいきっかけになりますので、好意を抱いている男性に対しては、ちゃんとLINEを送るものです。

 

しかし、相手の女性からLINEでお礼の返信がこなかった、という場合にはそれまでの存在だったということですから、脈なしと考えて間違いありません。

こちらから「ありがとう」のLINEを送って、既読スルー、未読スルーされてしまう場合も同様に脈なしと考えるべきでしょう。

 

確かに、お礼としてLINEを返信してこないのは人として失礼なのですが、脈なしの意思をはっきり男性に伝えるために、あえて返信してこないケースもあります。

脈なしだからと言って女性を責めるのは簡単ですが、一度ここで冷静になって、なんで脈なしになってしまったのか、を考えてみてください。

次のご飯やデートに乗り気ではない

1度デートやご飯に行くことができ、そこから付き合うまでの流れに乗せるための定番の流れは、ご飯やデートを重ねること。

そのため、その女性を落とすためには、次のご飯やデートに繋げなければなりません。

 

この時に女性側から「またご飯行こう」とか「次いつ遊ぶ?」と言ってこない場合や、こちらから次の日程を打診してもはぐらかされてしまう場合は、脈なしの可能性が高いでしょう。

女性は社交辞令で肯定的な返事をしてくることが多いのですが、何をするか、何を食べるか、どこに行くか、いつ行くかなど具体的な案が出てこない場合は、脈なしの可能性が高いと見るべきなのです。

 

また、こちらが次の日程を打診した時に、返信がこない場合なども脈なしの可能性が大。

相手があまりに乗り気ではない状態で、追撃のLINEを送ったり、しつこくアプローチすると嫌われてしまいますので、このサインが見えたら一旦アプローチを控えることをおすすめします。

内容がそっけなかったり、止めようとしてくる

初デートの後にLINEを送っても、デートやご飯の前よりもそっけなくなった、返信が明らかに遅くなった、止めようとしてくる、という場合は要注意。

デートで一緒の時間を過ごしてみた結果、反応がそっけなくなるということは、あなたに対していい印象を持たれていないという可能性が大と言えるでしょう。

 

反応が悪いからと言って、焦ってLINEを送ったり、返信を促すようなLINEを送るのは絶対にNG。

「デートの結果」として脈なしになってしまったわけですから、何が悪かったのか、なんで脈なしになってしまったのか、を考えてみてください。

 

もちろん、デートの後に脈なしになってしまったらショックな気持ちになるかと思います。

しかし、脈なしだったとしても、逆転でその女性を落として付き合うことは可能ですので、決して諦める必要はありません。

脈なしだったとしても逆転で付き合うことができる?

 

結論から言ってしまうと、脈なしだったとしても逆転でその女性を落として付き合うことは可能です。

ただし、ここで大事になるのは、今まで通りのアプローチをやめて、一旦距離と時間をおくこと。

 

というのも、普通に考えたらわかると思うのですが、脈なしと思われている状態でアプローチをしたところで、相手からすると、しつこいだけで逆効果でしかありません。

そのため、完全に嫌われてしまう前に、一旦時間をおいて脈なしをリセットしてもらうのです。

 

人間の記憶というのは便利なもので、完全に嫌われてしまっていない限り、その記憶を時間の経過とともに忘れてくれるわけですね。

その性質をうまく利用して、脈なしをリセットしてもらい、またアプローチをすればいいだけの話。

 

アプローチを控える期間ですが、基本的には3ヶ月以上は最低でもアプローチを控えるのが吉。

その間に、デートの何が悪かったのか、服装や髪型、清潔感などの外見、仕事に本気で打ち込んで自信をつける、女性経験を積む、コミュニケーション能力を高めるなど、自分の魅力を高めていきましょう。

 

再度アプローチをすることで、今までのあなたとは違ったあなたを彼女に見せることで、変化を感じ取ってもらうことができ、それをきっかけに脈なしを脈ありに変えることができます。

結局のところ、女性が結婚しない限り、いくらでもチャンスはあります。

 

それまでにその女性を惚れさせ、落とすことができる自分になってしまえばいい、というだけの話なんですよね。

決して諦めることなく、戦略的に正しくアプローチしていくことで、脈なしからでも十分に逆転することは可能なのです。

まとめ

 

初デート後の女性の反応で脈ありなのか、脈なしなのかを判断することが可能。

初デート後に脈なしの女性の反応は、LINEの返信がこない、急にそっけなくなる、次の約束に対して好意的ではない、といったものがあげられる。

 

とはいえ、脈なしだったとしても、一旦時間をおいてアプローチをし直すことで逆転で付き合うことができる。

女性が結婚してしまうまでに、その女性を惚れさせることができる自分になってしまえばいい、というだけの話。

 

 

 

<ブログランキングの応援をお願いいたします! >


人気ブログランキング

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村