「あの年上の女性が気になるけど、やっぱり年下男性は相手にされないだろうなあ・・・でも、落としたい。」

頼りになったり、年上ならではの魅力が漂う年上女性ですが、それゆえアプローチをしても相手にされないのではないか、脈なしなんじゃないか、と思ってしまいますよね。

 

特に同じ職場の場合は、接する機会も多く、仕事上でも助けてもらえたりと年上女性に惚れてしまう男性も少なくありません。

そのため、今回は職場の年上女性が見せる脈なしサインを徹底解剖していきますので、じっくり読んでアプローチの参考にしてみてください。

 

実際、好きな女性を落とす上で女性の気持ちを理解することは何より重要で、脈なしの状態の時に押せ押せでアプローチをしても嫌われてしまうだけ。

脈なしのサインが見られる場合は、一旦距離をおいて、脈なしからの逆転に向けた戦略を練り直しましょう。

 

職場の年上女性が見せる脈なしの態度、会話、仕草とは?

 

年下の男性からすれば、やはり年上女性にアプローチをするのはちょっと気がひけるもの。

「相手にされないんじゃないか」と弱気になってしまうかもしれませんが、弱気になったところで、その女性を手にすることはできません。

 

気になっている年上の女性を手にするためには、とにかくまず自分と彼女の距離感を知ることが大事であり、脈なしの場合は、アプローチするよりも戦略を練り直す必要があるんですね。

実際に、脈なしからでも逆転して付き合うことは可能ですので、決して諦める必要はありませんよ。

仕事以外の会話はなし

同じ職場で、席も近いのに、1日の中で会話は仕事の話のみ、1日会話がない日もあるなんてことはありませんか?

女性だって好きな男性であれば、その人に興味があるし、話をしたいものですから、仕事以外のことで全く会話がないということは脈なしの可能性が大。

 

こちらから話し掛けても忙しそうにしていたり、プライベートなことを質問しても答えてくれない。

結局、仕事の話題に変わってしまったりということがある場合には、やはり、あなたに興味を持っているとは言えないでしょう。

 

あなたとまだそれ程深い会話をしたくないと思っており、仕事仲間、後輩だと思われており、恋愛対象になれていないというのが今の距離感になります。

感情を出さない

年上の女性ではプライドが高く、年下男性に心を許すのは恥ずかしいことだと考えている女性も少なくありません。

それは、興味のない年下男性に対しては尚更のこと。

 

よって、全く感情を見せてくれない場合には関心がなかったり、心を開いてくれていない可能性も高いでしょう。

特に、先ほどもお話したように、仕事以外の会話がなく、笑顔や楽しそうな雰囲気が会話にない場合、アプローチを避けた方がベター。

 

ただ、好きな女性を落とす上で絶対になくてはならないことはたった1つであり、これさえできれば意のままに付き合うことが可能。

どうしても落としたい女性がいる男性は、下記で詳しくお話していますので、クリックして読んでみてください。

 

【最短2週間】振り向いてくれない女性の感情に火をつけて意のままに付き合う方法

いつまで経っても敬語で固い喋り方をしてくる

 

喋り方と言うのは、人と打ち解けるために非常に重要。

敬語は特に堅苦しく、場合によっては人を寄せ付けないオーラがあったりもするため、いつまで経っても敬語で硬い喋り方をしてくる場合は脈なしの可能性が高いでしょう。

 

上司とは言え、多少なり心を開いてくれていれば、プライベートの飲み会の場ではからかって来たり、多少口調が砕けるもの。

女性が敬語を使い続けるのは、あまり距離を近づけたくない相手に対して、防御線を張る目的で敬語を使い続ける場合もあります。

 

知り合ってからかなり経つのに、いつまで経っても打ち解けずに堅苦しい敬語が抜けないという場合には、気を許してもらえていないか、一定の距離を保ちたいと思われている可能性があるので注意が必要です。

頼っても事務的に対応されて距離が縮まらない

職場で年上の女性というと、仕事の経験や知識も豊富。

そのため、仕事に関して良き相談相手になるものなのですが、事務的な対応をされて仕事に関しても深く関わろうとしてこない場合も脈なしの可能性が高いでしょう。

 

これは好きな人との心の距離を近づけるためにも効果的で、相談に乗る・乗ってもらうことで次第に心が打ち解け、恋愛に発展することも少なくありません。

ですが、こちらが頼っても事務的に対応されてしまって、一向に心の距離が縮まらない場合には、あなたとそれ程関わりたくないと思われている線が濃厚ですね。

 

ただ、今は脈なしだったとしても、そこから逆転でその女性を落として付き合うことは十分に可能。

下記に「脈なしからの逆転」コラムをお届けてしていますので、じっくり読んでみてください。

 

参考:【脈なしからの逆転<No.1>】脈なし女性でも脈ありに変えて付き合うことはできる

まとめ

 

年上の女性にアプローチをしていう時も、相手の女性が脈なしなのか、脈ありなのかを判断して慎重にアプローチしていくことが何より重要。

もし脈なしだった場合には、無理にアプローチをするのではなく、一旦距離と時間をおいて立て直すのが賢明。

 

具体的には、「仕事意外の会話はなし」、「感情を出さない」、「いつまで経っても敬語で固い喋り方をしてくる」、「頼っても事務的に対応されて距離が縮まらない」といった態度が複数見られる場合には、脈なしと考えるべき。

とはいっても、脈なしから逆転で女性を落とすことはできますので、決して諦めることなく、振り向かせるために努力をしていきましょう。

 

 

↓ 狙った好きな女性を惚れさせる
究極のバイブルはこちらをクリック!