気になっている女性を思い切ってデートやご飯に誘ってみたけど、返事はNG。

「誘っても断られたんだから脈なしかなあ。」とがっかりしてしまうかもしれませんが、諦めるのは時期尚早です。

 

というのも、誘いに断られたとしても、脈ありの可能性は十分にあるから。

女性の断り方によって、脈ありなのか、脈なしなのか、ある程度わかりますので、その対応に合わせて今後の戦略を練っていくことが非常に重要になります。

 

ということで今回は、女性がデートやご飯を断る際の「脈ありの断り方」と「脈なしの断り方」を徹底解剖していきます。

 

女性にデートの誘いを断られた!まだ脈ありの断り方とは?

 

女性にデートの誘いを断られたからと言って、完全に脈なしというわけではありません。

たまたまタイミングが悪かっただけで、次に誘えばOKということもありますので、決して諦める必要はないのです。

 

それでは断られたとしても、まだ脈ありの可能性がある断られ方をご紹介していきます。

日程が合わないだけで別の日にちを提示される

断られたとしても脈ありの場合というのは、基本的に「相手からも会いたい」というメッセージが暗に含まれている場合がほとんど。

例えば、「その日はちょっと予定があるけど、◯日なら大丈夫だよ!」というような返信ですね。

 

このケースでは、デートにいくこと自体が嫌なわけではなく、単純にタイミングが合わなかっただけですので、まだまだ脈ありの可能性は十分にあります。

別の日程を打診してきた場合は、そのままやりとりをして、会う日程を決めてしまえば全く問題ありません。

 

それよりも、この場合で重要になるのは最初のデートであり、ここでうまくいくかどうかが今後を左右します。

1回目のデートで女性は男性と付き合うかどうかを決めると言っても過言ではありませんので、その女性を心理を理解すべく下記の記事を参考にしてみてください。

 

参考:好きな女性をご飯に誘ってOKしてもらったからといって脈ありとは限らない

理由が明確で、落ち着いたら会えることを示唆している

「ちょっと今月は忙しくて、来月なら会えると思う」というような反応でも、脈なしというわけではありません。

純粋に、今のタイミングでは忙しいということですから、来月にまたサラッと誘ってみてください。

 

もちろん、暗に脈なしということを伝えたいケースも考えられますので、次に誘った時の反応で、脈ありか脈なしなのか、を判断してみるといいでしょう。

先ほどのケースでも同じなのですが、脈ありの断られ方というのは、基本的に「会うこと自体が嫌ではない」というのが大前提となっています。

 

会える場合は、会った時が勝負ですので、最初のデートでうまく女性を魅了してみてください。

 

好きな女性を落とす上で絶対になくてはならないことが1つあり、これさえできれば意のままに付き合うことが可能。

どうしても落としたい女性がいる男性は、下記で詳しくお話していますので、クリックして読んでみてください。

 

【最短2週間】振り向いてくれない女性の感情に火をつけて意のままに付き合う方法

脈なしのデートの断られ方?今後どうすればいいのか?

 

脈ありの断られ方は、タイミングが合わなかったなど次回に会えそうな内容の返信なのですが、脈なしの場合は、2人で会いたくない、という内容であることがほとんど。

脈なしの断られ方をされてしまう場合は、LINEでの誘い方はもちろん、それまでの直接の会話などで「脈なし」とみなされてしまっている場合が多いのです。

 

とはいえ、だからと言って、その恋が終わるわけではありません。

脈なしの場合は、一旦アプローチを控えて距離をおいて、時間をおいて正しくアプローチをしていくことで逆転で付き合うことができますので、諦める必要は全くないのです。

既読スルーされて返信が返ってこない

今までは普通にLINEのやりとりをしていたはずなのに、デートやご飯に誘ったら、急に返信が返ってこなくなった。

この場合は、脈なしと考えていいでしょう。

 

既読無視されて返信が返ってこなくても、追いかけるように、連続でLINEを送ると嫌われてしまうため、絶対にNG。

既読スルーされて返信が返ってこなかった場合は、脈なしである事実をしっかりと受け入れて、しばらくはアプローチを控えてみましょう。

 

3ヶ月や半年間、男として魅力的になる努力をして、再度誘ってみることで、タイミングが合って意外にもすんなりOKがもらえることだってあります。

もちろん、日程を確認していて返事が遅れて既読スルーになっていた、という場合もありますので、その場合は食事に行ってきてください。

 

いずれにしても、デートの打診で既読スルーは脈なしと考えて間違いないでしょう。

「みんなで行こう!」と2人きりで行くのを避ける

脈なしの断り方の例として、よくあるのが「みんなで行こう!」というもの。

これはつまり、あなたと2人きりでは行きたくないということであり、男女の恋愛関係になることを望んでいないということでもあります。

 

よって、このケースも脈なしです。

ただ、みんなでは会うことができるため、そういう機会を増やして、あなたの印象を変えていくことで興味を持ってもらうことができれば、今は脈なしでも後々付き合うことができるようになるでしょう。

断り方に気遣いがない

他の日程を打診してきてくれる場合は脈ありなのですが、逆に、こちらへの配慮・気遣いが感じられない場合は脈なしといっていいでしょう。

配慮がない、気遣いがないというのは失礼かもしれませんが、女性側も「脈なし」であることを伝える意味ではっきり言ってくれている、と考えた方が吉。

 

例えば、「ごめん、無理」、「こっちから誘う」、「うーん、あんまり行きたくない」といったような返信ですね。

このような返信がきてしまう場合は、脈なしと考えてよく、アプローチを控えて距離を保つ方が今後につながりやすいでしょう。

まとめ

 

女性をデートやご飯に誘って断られたとしても、完全に脈なしというわけではない。

次の日程を打診してもらったり、来月なら大丈夫という返信があった場合は、脈ありと考えてよく、別日で打診してみるのが吉。

 

ただ、「2人きりで会いたくない」とか既読スルーをされてしまう場合は、脈なしと考えるべき。

脈なしだった場合は、距離をおいてアプローチを控え、その間に魅力的な男になることで興味をもたせて、脈ありに変えることが可能。

 

 

↓ 狙った好きな女性を惚れさせる究極のバイブルはこちらをクリック!