「好きになっちゃった年上女性ともっと距離を縮めたい。タメ口を使いたいけど、タメ口に変えるタイミングっていつがいいんだろう。」

年上女性に対してタメ口で話すと失礼だと思われてしまい、好かれるどころか嫌われてしまうかもと不安になってしまうこともあるでしょう。

 

しかし、結論からいうと、年上女性と距離を縮めるためには、タメ口が有効です。

むしろ、タメ口を使って自分から距離を縮めていかないと、なかなか距離を縮めることができないのも事実です。

 

確かに、相手は年上だし、相手にされなかったらどうしようという不安からなかなかタメ口を使えないとう気持ちもわかります。

ただ、タイミングさえ掴んでしまえば、年上女性にスムーズにタメ口を混ぜて使うことができて距離を縮めることができますよ。

 

ということで今回は、気になっている年上女性と距離を縮めるためのタメ口の使い方、敬語からタメ口に変えるタイミングなど徹底解剖していきます。

 

年上女性と距離を縮めるにはタメ口がおすすめ?

 

やはり社会人のマナーとして、上の人を立てるということが大切で、最初からタメ口を使っていては失礼に当たります。

しかし、ある程度、仲が深まっていった時に恋愛のアプローチとして、徐々に言葉遣いを崩していくのは有効な手段と言えるでしょう。

 

というのも、やはり敬語は仕事上であったり、他人に対して使うものであり、距離を感じるものだからですね。

むしろ、距離を開けたいがために、脈なしの相手に対してはずっと敬語を使うということもあるほど。

 

その一方で、タメ口になると、グンと親近感が湧くものです。

恋愛の流れでも、社会人になってからの出会いであれば、最初はお互いに敬語で話をしていて、徐々に崩していき、仲が深まっていくというパターンが普通と言えるでしょう。

 

よって、気になっている年上女性の心を開き、より親密な関係になるためにもタメ口は非常におすすめ。

特に、年上女性に対してはこれがより有効に働きます。

 

女性の多くは年上の男性を好む傾向にあり、年下男性は恋愛対象外という女性は少なくありません。

それゆえ、女性は年下の男性に対して比較的構えずに接することが多いのです。

 

恋愛対象外であるということでショックを受けられた方もおられるかもしれませんが、実を言うと、最初はそれは年下男性にとっては好都合。

恋愛対象として意識していないがために、食事に誘ってくれたり、気に掛けてもらえる機会が得られやすいんですよね。

 

世話好きな女性であれば、自分の言うことを「はいはい」と聞いてくれる年下男性が可愛らしく思えて、弟のように可愛がってくれるかもしれません。

それゆえ、2人で会うチャンスであったり、仲良くなるチャンスを得られやすいのは年下男性と年上女性の組み合わせなのです。

 

では、そこからどのようにして恋愛へと進展させていくかのか・・・そこでタメ口が出てきます。

上手くタメ口を使い、徐々に異性であることを意識させていくわけですね。

 

今まで可愛い後輩であったり、弟の様に感じていた人が、タメ口を使い、女性扱いしてくれる。

また、ふとした時に男らしさを見せたりすると、女性はついキュンとしてしまうものです。

 

今まで意識していなかったからこそ、そのトキメキは大きいものになるはず。

よって、後輩や弟というレッテルを剥がし、恋愛に進展させるために、タメ口は有効になりますよ。

 

 

また、今気になっている年上女性が脈なしで振り向いてくれない感じがしても、ポイントさえ女性の心を動かすポイントを押さえてアプローチをすれば脈ありに変えることができるのも事実です。

ですから、今、いい感じでなかったとしても、決して諦める必要はないんですよね。

 

このポイントを押さえるだけで、年上女性の反応がガラッと変わり、距離も縮まりますので、スムーズに恋愛を進めていくことができますよ。

 

このポイントはもちろん、「2週間で振り向いてくれなかった女性と付き合うことができた事例」も公開していますので、下記をクリックして確認してみてください。

 

【※最短2週間】振り向いてくれない女性の感情に火をつけて意のままに付き合う方法

年上女性に対して敬語からタメ口に変えるタイミングとは?

 

では、気になっている年上女性に対して、具体的にどのようにタメ口に変えていけば良いのでしょうか?

まず、先ほどもお伝えしたように、仲良くなっていない段階でタメ口にしてしまうと、マナーがなっていないと思われてしまい、あなたへの評価を下げてしまいかねません。

 

そのため、ステップを踏んで徐々にタメ口に変えていく方法がおすすめいたします。

出会ってからある程度慣れるまでは、もちろん敬語。

 

ですが、ある程度時間が経過して、会った時には普通に笑って世間話ができたり、飲み会の席で愚痴を聞ける関係になってきたなら、そろそろ少しずつタメ口を交えていっても良い頃でしょう。

特に笑っている時やツッコミの段階でタメ口を織り交ぜてみてください。

 

彼女が少しずつあなたに対して、年下男性だからと気を許してきたタイミングで、会話中にタメ口を混ぜ込んでいきましょう。

もちろん、最初から全てタメ口ではなく敬語とタメ口を織り交ぜるのがポイントです。

 

例えば、「このお菓子、美味しいんですよ!良かったらどうぞ」と言って差し入れをしたとして、彼女が「本当だ、美味しいね!ありがとう」と返してきたら、「そうでしょ!俺、ここのお菓子大好きなんですよ」といった具合で、最初は敬語とタメ口を混ぜるのがベター。

 

タメ口を使うのは、彼女の顔を立てたり、彼女にドキッとさせるためにも、2人きりの時というのが重要ですよ。

そうして、彼女もよりフランクに接してくれるようになれば好反応。

 

また少しずつ彼女との距離を詰めていきましょう。

タメ口効果で、より胸の内を明かしてくれるようになるはずですよ。

 

さらに、より深い話もできる仲になれたところで、2人きりのタイミングを見計らい、「もっと〇〇さんと一緒にいたいな」や、「〇〇さんと本気で付き合いたい」といった風に、男を見せましょう。

そうすることで大半の女性はトキメキ、あなたを1人の男性として意識するようになっているはずですよ。

 

【必見!間違ったアプローチとは?】

まとめ

 

敬語はどうしても壁を感じてしまうことから、年上女性との距離を縮めるためには、タメ口がおすすめ。

タメ口を使うことで、徐々に彼女との心の距離を縮めることが可能だからですね。(むしろ、タメ口を使わないで付き合うとかは無理でしょう。)

 

タメ口に変えるタイミングは、最初は敬語から始め、徐々に崩して、タメ口を混ぜること。

そして、ここぞという場面ではタメ口で男らしく決めるのがベストです。

 

きちんと手順を踏めていれば、彼女をトキめかせ、彼女の心を掴むのも難しくないはずですよ。

 

 

↓ 好きな女性を惚れさせる
最強の武器はこちらをクリック!