急に優しくなったり、冷たくなったり、思わせぶりな態度を取ったかと思うと、そっけなくなったり、と女性の心を掴めずに悩んでいる方は多いのではないでしょうか?

実際に、最近では、「好き避け」なんていう言葉も出来て、好きな相手を避けるという正反対の行動を取る女性も。

 

そのため、女性に冷たくされたり、素っ気なくされることがあっても、一概に嫌われているとは限らないのです。

好意を寄せている女性からそっけない態度をされた場合、どちらかを見極めるのは非常に重要。

 

そのため今回は、女性のそっけない行動は「好き避け」からなのか?それとも嫌われているからなのか?見極めるための方法を徹底解剖していきます。

好きな女性を落とすためには何よりも、女性の心理を把握するのは必要不可欠ですので、じっくり読んでみてください。

 

好きだけど避けてしまう、好き避けをする女性の特徴

 

男性に好意を持っているにも関わらず、その人の前では避けてしまう女性の主な特徴は以下の通り。

 

  • 目が合っても反らす
  • 話しかけても中々目が合わない
  • 2人きりになるのを避ける
  • 一緒にいて髪の毛を触るなど、ソワソワしたり落ち着かない素振りを見せる
  • 連絡も素っ気ないけれど、返事はきちんと来る
  • 誘うとOKや、都合が悪い場合は代案を出してくれる

 

一見感じが悪いと取られがちな態度が多いものの、実はこんな態度の裏には好意が隠れている可能性があるのです。

ただし、本当に嫌いだから避けられている可能性もありますので、いきなりアプローチをするのは危険。

 

そのため、徐々に距離を縮めていき、信頼を積み重ねてく過程で女性の反応を見てみましょう。

好き避けをする女性の心理!

 

ただし、なぜ好きなのに避けてしまうのかわからない、と思う男性も多いかと思います。

そのため、好き避けをする女性がどのように考えているのか、その心理も合わせて知っておくといいでしょう。

恥ずかしがりや経験が少なく、どう反応して良いか分からない

好き避けをする理由の一つに、性格が奥手で恥ずかしがりだったり、恋愛の経験が少ないというものが挙げられます。

好きな人を目の前にどう行動して良いか分からず、結果として悪気なく相手に素っ気ない態度を取ってしまう、というわけですね。

 

この場合は、あなたに対して「嫌い」という印象をもっているわけではありませんので、LINEを送っても返ってきます。

ただし、あまりにも早いペースで恋愛を進めようとすると、どうしても女性側がついてこれませんので、奥手な部分も受け入れてゆっくりと関係を構築していくのが吉。

プライドが高く感情を表に出したくない

女性の中でも、プライドが高い女性では、好意があってもプライドが邪魔をして素直にアプローチが出来ずにいたり、軽いと思われるのが嫌で素っ気ない態度を取ってしまう場合も。

また、性格的に感情を表に出すのが苦手で、愛嬌良く振舞えないということも考えられます。 

恋の駆け引きをしている場合も

小悪魔な女性では、恋の駆け引きとして相手に素っ気ない態度や避けることも。

わざと関心のないフリをして、男性の心をくすぶり、より自分を追わせようとしているのです。

 

意外にも効果が高い方法なので、恋愛上級者の女性によく使われる手。

ただし、この場合はあくまで「駆け引き」なので、普段は優しかったり、好意的な態度を取ってきて急にそっけなくなるケースになります。

好き避けと嫌われている場合との見分け方は?

 

もちろん、好き避けではなく、本当に嫌いな男性に対しては、女性はそっけない態度を取ったり、避けたりといったことをすることもあります。

好き避けなのか、本当に嫌いだから避けているのか、女性の真意が分からないかもしれませんが、好き避けと嫌いな相手を避けるのとでは、やはり少し態度が違います。

 

ということで、好き避けではなく嫌いだから避けているケースをご紹介しますので、女性の気持ちを見極めてみてください。

LINEやメールを送っても未読、既読スルーされる

好き避けの場合は、心の中では好きな人に対して、自分に好意を抱いて欲しいと思っているため、未読や既読スルーはあまりしません。

面と向かっては冷たい態度を取ってしまいがちでも、連絡はきちんとこなすのが好き避けでは多いです。

 

そのため、好き避けの場合は遅くなってもしっかりと返事が返って来ます。

全く音沙汰なしで、しかも毎回無視される場合には嫌われている可能性が高いと言っていいでしょう。 

視線が合わない

嫌いな相手をわざわざ目で追うということは少ないため、パッと視線が合うということも少ないです。 

また、話をしている最中でも目が合わないのはもちろん、こちらの話に聞く耳持たずやスマホをいじるなど、失礼な態度を取って来るようであれば、嫌われている可能性が高いでしょう。

誘いに乗らないし、代案もなし

嫌いな相手と一緒にいたいという人は少ないはず。

嫌いで避けられている場合には、何度誘っても誘いに乗ってくれないし、好き避けのように代案を出してくれるということもありません。

 

あなたに好意をもっている場合は、単純に予定が合わなかっただけですので、別の日程を打診してくれることがほとんど。

このように、LINEでの返信や誘ってみた印象など、アプローチに対する反応で、好き避けなのか嫌い避けなのかを判断してみてください。

まとめ

 

好き避けをする女性では、目が合うとそらす、一緒にいるとそわそわしたり2人になるのを避けるといった傾向がある。

そんな好き避けをしてしまう女性の心理は大きく分けて、以下の3つ。

 

  • 恥ずかしがり屋や経験が少なくどう反応して良いか分からない
  • プライドが高く感情を表に出したくない
  • 恋の駆け引きをしている場合も

 

また、単純に嫌いだから避けているという場合には、LINEやメールを送っても未読・既読スルー、視線が合わない、誘いに乗らないし、代案もなしという態度を取られてしまう。

一見分かりにくい好き避けと嫌い避けですが、よく観察していれば、それが「好意からなのかどうか?」が自ずと分かって来るはず。

 

 

<ブログランキングの応援をお願いいたします! >


人気ブログランキング

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村