「気になっている女性がLINEが苦手みたいで返信も遅いし、そっけない感じがする。どうアプローチしていけばいいんだろう。」

今やLINEは私たちの日常生活でも恋愛においても、LINEが欠かすことがなくなっていますよね。

 

ただ、その一方で、LINEでのやり取りが苦手な女性が増えていることをご存知でしょうか?

女性はLINEが好きとよく耳にしますが、実を言うと、そんなことはなく、LINEが好きじゃない女性が多いのです。

 

そんな女性にLINEを送ったところで、いい印象を与えることはできませんので、アプローチを変えていかなければなりません。

ということで今回は、LINEが苦手な女性の特徴やLINEが苦手な女性にも有効なLINEのテクニックをご紹介していきますので、じっくり読んでみてください。

 

LINEが苦手な女性の特徴とは?こんな女性はLINE嫌いかも!

 

男性に比べると、おしゃべり好きな人が多い印象のある女性。

おしゃべり好きならLINEも好きだろうと考えがちですが、実は、LINEのやりとりが苦手だという女性は多いのです。

 

とはいえ、「LINEが嫌い」だと面と向かって言うわけにもいかず、どうにか察してもらいたいと考えている女性もいます。

まずは、LINEが苦手な女性の特徴を知っておきましょう。

返信がいつも遅い

LINEの良さは、レスポンスが手軽で素早くやり取りができること。

しかし、その気軽さゆえに、「返信が面倒だ」と感じる女性もいるのです。

 

実際、女性は仕事やプライベートでの女子会や自分の時間など予定を入れて楽しむことが多いため、しょっちゅう返信ができない人も多いんですよね。

時間帯に限らずいつも返信が遅い場合は、日頃からLINEに対して重きを置いていないことがわかるでしょう。

 

この場合は、あなたも彼女のペースに合わせて、お互いにゆっくりLINEを送り合うといいですね。

 

また、好きな女性を落とす上で絶対に押さえるべきポイントが1つあり、これさえできればLINEが苦手な女性でも落とすことは可能です。

1つのポイントで女性の反応が変わるので、これを知らないがゆえに好きな女性を落とせないのは本当にもったいないことでしょう。

 

ですので、付き合いたい女性がいる男性は頭に入れておくことをおすすめします。

なお、このポイントと合わせて「2週間で振り向いてくれなかった女性と付き合うことができた事例」も公開していますので、下記をクリックして確認してみてください。

 

【※最短2週間】振り向いてくれない女性の感情に火をつけて意のままに付き合う方法

未読無視や既読無視が多い(ただ、返信はくる)

LINEのやり取りを頻繁にする人にとって、突然、既読無視や未読無視をされると、何か悪いことをしたかなと不安になってしまいますよね。

しかし、LINE不精の女性は、無視そのものに深い意味を含ませることがなく、簡単に無視をする傾向があるのです。

 

このタイプの女性は、「話が終わったと感じたらわざわざ返信しない」という人が多め。

いつも女性の無視のタイミングが、話の一区切りである場合は、このパターンである可能性が高いでしょう。

 

また、無視の後、一定時間待ってみて連絡がくるようであれば、嫌われていませんので大丈夫ですよ。

さらに、時間だけでなく、LINE自体の内容もチェックしてみることをおすすめします。

絵文字やスタンプをあまり使わない

LINE自体があまり好きでない女性は、返信のひとつひとつに気を配ることはあまりありません。

そのため、絵文字やスタンプを積極的に使うことはしないのです。

 

LINEのやり取りが好きな女性は、絵文字もスタンプも流行りものを頻繁に購入したりする傾向にあるので、分かりやすいでしょう。

こういう女性に対して、あなたはスタンプや絵文字を使ってしまうと、温度差が生まれてしまいますので、ご注意ください。

自分からLINEを送らない

LINEが苦手な女性にとって、LINEはただの「連絡手段」にしか過ぎません。

そのため、用事がない限りは女性のほうからLINEのやりとりをスタートさせることはないんですね。

 

他にも世間話を振ってくることがない・プライベートな話をLINEだとしようとしない、というのも特徴的。

女性とのやりとりを見返してみればすぐに分かるでしょう。

LINE嫌いの女性はどう口説けばいいのか?

 

気になっている女性がLINEを苦手としていることが分かったら、どうすればいいのでしょうか?

一番は、LINE以外の手段でのアプローチをとることが有効でしょう。

 

とはいえ、せっかく好きな女性とLINEを送り合う機会があるのであれば、少しでもLINEで距離を縮めたいと思うものですよね。

実際に、LINEが苦手な女性をLINEで口説くことはできるのでしょうか。

 

結論を言うと、LINEが苦手の女性に対してLINEだけで落とすことは極めて難しいと言えます。

やはり、相手がLINEが苦手で嫌いなので、アプローチをしても進展することは考えづらいからですね。

 

基本的には100回のLINEよりも1回のご飯ですので、何通かやりとりをしてみてからご飯に誘ってみるといいでしょう。

その時に断られてしまったら脈なしの可能性が高く、OKがもらえたのであれば、直接会っている時に口説いてみてください。

 

ただ、LINEを使って距離を縮めることは完全に不可能なわけではないのも事実です。

それでは、LINEが苦手な女性の心をつかむ、LINEのテクニックをご紹介していきましょう。

LINEが苦手な女性のためのLINEテクニック!

 

普段からLINEのやりとりが苦手だという女性の心をつかむには、どんなことに気を付けてLINEを送ればいいのでしょうか?

すぐに実践できるテクニックをいくつかご紹介していきます。

送る頻度は控えめ

女性とやり取りをしたいからと言って、何かあるたびにLINEを送ることはNG。

LINEが苦手な女性を相手にしているのであれば、LINEを送る頻度はできる限り控えめにしましょう。

 

なんでもない話だけのLINEを送ると、無視されてしまう可能性がありますからね。

用事があるときにLINEを送り、世間話をさりげなく盛り込むことが理想でしょう。

返信速度はゆっくり相手に合わせて

LINEが苦手な女性は返信のスピードが遅い傾向にあることをお伝えしました。

女性の返信速度に合わせてあなた自身もゆっくりと時間をかけて返信することが、女性に好印象を抱かせるポイント。

 

女性は、相手からの返信が早いと「こっちも早く返さなきゃ」というプレッシャーを感じてしまうので、あえて返信を遅らせることによって、女性に「ゆっくりでいいよ」と暗に伝えることができます。

普通に考えて、LINEが苦手な女性にすぐ返信してしまうと、どうしても引かれてしまいますからね。

無理に続けようとしない

好きな人とのLINEは終わらせたくないという思いを持っているかと思います。

しかし、相手の女性がLINEに苦手意識を持っているのであれば、無理にやりとりを続けることはやめましょう。

 

引っ張ろうとすればするほど、女性の「返信が面倒だな」という気持ちを膨らませてしまうだけですので、適度なところで終え、またの機会に送るように心掛けましょう。

反応がよくないLINEがきた場合、それを続けても急によくなることはありませんからね。

 

LINEが苦手な女性に対して、LINEで好感度を積み上げていくことは難しいので、会っている時に興味を持たせて、再度ご飯に誘うチャンスなど図っていくといいでしょう。

LINEが苦手な女性に寄り添ってあげることが重要!

 

LINEが苦手な女性に対しては、返信の速度や、送り合う頻度などを、相手の女性に合わせることがポイントになります。

「この人とのLINEは苦じゃないかも」と思ってもらうことが、重要というわけですね。

 

「返信遅くてごめんね」など、女性がLINEのやり取りに気遣いを見せてきたときは、「気にしないで」「ちょうどいいよ」などの言葉をかけてあげることも高い効果が期待できますよ。

女性との親密度を上げたい一心でLINEを送るよりも、女性に寄り添い、余裕のある姿勢を保てるようにしてみてください。

 

自分のペースばかりではなく、相手に寄り添う。

恋愛は相手の気持ちが何よりも重要になるため、アプローチの基本中の基本とも言えますよね。

まとめ

 

LINEでこまめな連絡を取り合うことが苦手な女性を、LINEで口説くことは難しいでしょう。

ですが、女性に合わせたやり取りを心掛けるだけで、好感度をアップさせることができるのです。

 

いずれにしても、LINEはただの連絡手段にしか過ぎませんので、100回のLINEよりも1回のご飯と考えて、誘ってみないことには始まりません。

LINEが苦手なのであれば、気遣いをしつつ、直接会っている時に振り向かせてやりましょう。

 

 

↓ 好きな女性を惚れさせる
最強の武器はこちらをクリック!