「好きなあの子と仲良くなれたものの、『いい友達』って言われちゃって、どうも男として見られてないんだよな。」

とこのように、好きな女性とは仲良くなれたものの、友人や同僚で関係がストップしてしまい、「いい人止まり」で悩んでいるという男性は意外と多いもの。

 

せっかく仲良くなれたけど、一歩踏み込んで失敗して気まずくなってしまうことを考えてしまうと、なかなか踏み込むのは難しいですよね。

実際、好きな女性を落として付き合うためには、「いい人」ではなく「男」として意識してもらうしかありません。

 

そのため、今回はいい人止まりを卒業し、好きな女性に男として意識してもらうポイントを厳選してご紹介していきますので、じっくり読んでみてください。

いい人止まりか、男として見られるか、これは好きな女性を落とす上で非常に重要なことですからね。

 

好きな女性にいい人ではなく男として意識してもらう方法5選!

 

好きな女性と仲良くなったはいいけど、いい人としか思われていないようであれば、要注意。

なぜなら、そのまま順調に付き合えるわけではなく、そもそも男として意識してもらわなければ話にならないから。

 

男として意識してもらうことができれば、そこから先はスムーズでデートに誘って口説いてしまえばいいだけの話なんですよね。

ショックかもしれませんが、「いい人」は実は脈なしであり、付き合いたいのであれば、【脈なしからの逆転<No.2>】女性は本能を利用すれば脈なしから付き合える!?をじっくり読んでみてください。

ふとした拍子に褒める

誰でも褒められると嬉しいものですし、それが異性からだと余計に嬉しく、ドキッとして意識するキッカケになったりもするもの。

普段から彼女の外見の変化に目を光らせ、ここが可愛いね!と具体的に褒めてあげましょう。

 

もしかすると、友人関係が出来上がっている場合には、「またまた~!」なんて冗談として受け取られ、流されてしまうかもしれません。

そんな時には、ちょっぴり本気で、「本気でそう思ってるのに!」と一度真面目に答えたりしてみると、彼女はきっとあなたの彼女に対する好意に気付き、あなたに異性を感じてドキッとするかも。

 

ただし、褒めすぎてがっついてしまうのは、マイナスの印象を与えかねませんので、ふとした拍子にたまに褒めるのがベターですよ。

 

なお、好きな女性を落とす上で絶対になくてはならないことが1つあり、これさえできれば意のままに付き合うことが可能。

どうしても落としたい女性がいる男性は、下記で詳しくお話していますので、クリックして読んでみてください。

 

【最短2週間】振り向いてくれない女性の感情に火をつけて意のままに付き合う方法

体の距離を近づける

友人関係もきちんと出来ていないのに近寄り過ぎると気味悪がられてしまう可能性があるためNGですが、友人関係がきちんと成り立っているのであれば、体の距離を近づけて男を意識させるのもアリ。

いつもであれば向き合って話すところを、隣で話してみるなど、不自然にならない程度に体の距離を近づけましょう。

 

体の距離が近づくことで、男らしい腕の筋肉や長い指等、普段気付かない男らしい部分に目が行きやすくなりますし、顔の距離が近くなってドキッとしたりするもの。

男っぽい香水の香りがフワッと香ったりして、体の距離が近づくことで異性らしさに気が付くことも多いのですよ。

 

また、身体同士の距離は無意識の好意を表しているとも言われており、距離が近くてもその距離を保ったままで離れない場合には、あなたに好意的な印象を持っていると考えていいでしょう。

自分に合ったオシャレをする

 

分かりやすくイメチェンをすると、彼女もきっと興味を持つはずです。

ただし、イメチェンをする際に注意したいのが、無理なオシャレをしないことです。

 

年や、自分の雰囲気にあった清潔感のある服装・髪型をセレクトするのが重要になります。

女性は男性と比べるとそういった部分に敏感ですので、普段から少し意識しているだけでも、「何だか最近変わったな!かっこよくなったな!」と意識してもらえる可能性があるでしょう。

 

自分に合ったオシャレをすることで、より自分を魅力的に見せることが出来、彼女にときめいてもらえる確率が上がりますよ。 

男らしさや頼れるところを見せる

今まで男性として意識していなかったのに、ひょんなことがきっかけで意識するようになったというパターンは意外と多く見られるもの。

その中でも多いのが、頼りになったり、ふとした時に男らしさを垣間見た時なんですね。

 

彼女が困っている時に力になってあげたり、気遣ってあげるのは勿論、その時に「僕が傍にいるから大丈夫!」なんて甘い言葉もプラス出来ればベター。

また、重い荷物を持ってあげたり、歩道で車道側を歩いてあげたりするのもいいですね。

 

そういったちょっとしたことで改めて異性を感じ、その男性に対する見方が変わったという女性も多く見られます。

優しいだけではダメ

好きな女性にはやはり好感を持ってもらいたいもので、つい下手に出てしまいがち。

優しいと好感はアップしますが、それだけでは面白味に掛けたり、物足りなさを感じさせてしまったりして、意外と恋愛に結びつかないことも多いのです。

 

たまにはビシッと言ったり、拗ねる、違うと思ったら少し反対の意見を言うと、きちんと自分と向き合ってくれているという姿勢にグッと来たりして、少しずつ関係が深まっていくということも少なくありません。

 「【脈なしからの逆転<No.5>】好きな女性を落とすスキルは磨くことができるでもお話している通り、恋愛のスキルは鍛えて伸ばすことができますので、ぜひ場数をこなして好きな女性を落とせる男になってしまいましょう。

まとめ

 

好きな女性を落とすためには、「いい人」ではなく男として、異性として意識してもらうことが何よりも重要で、そのための具体的な方法は以下の5つ。

 

  • 褒める
  • 体の距離を近づける
  • 自分に合ったオシャレをする
  • 男らしさや頼れるところを見せる
  • 優しいだけではダメ

 

女性は本能的に優秀な遺伝子を求めており、強い男性に惹かれることから、男性としての強さを意識するのは何より有効。

上記の点を意識して「いい人」を卒業して好きな女性を口説き落としてみてください。

 

 

↓ 狙った好きな女性を惚れさせる
究極のバイブルはこちらをクリック!