「気になっている女性をデートに誘ったけど断られてしまった。ショックだし、気まずいし、どうすればいいんだろう。」

狙っている女性にデートを断られたからもう終わり、と思っている男性は多いですが、実際は、そんなことはありません。

 

確かに、短期的な面で見ると、断られた直後はネガティブになってしまうでしょう。

しかし、もっと長い目で見ると、たかが1回断られてしまったくらいで、諦める必要なんてないんですよね。

 

ただし、もちろん、デートを断られてしまったということは、何か問題があるはず。

その問題をしっかり改善しないことには、同じ失敗を繰り返しかねませんからね。

 

ですが、今後あなたが正しい対処法を取ることができれば、断られたことをなかったことにして、今後彼女へのデートに繋げることができます。

ということで今回は、デートを断られた場合の正しい対処法についてご紹介していきます。

 

また、それと合わせて、デートを断られた状況を挽回させて、その女性を振り向かせるためにどうすればいいのか、もお話していきますので、じっくり読んでみてください。

 

好きな女性にデートを断られた場合の正しい対処法!

気まずさ、ショックを隠して気さくに接する

彼女との関係をその後に繋げるために大切なのは、気まずい雰囲気を作らないこと。

やはり、デートに誘ったことでこちらの好意が彼女に伝わっていると考えて間違いありません。

 

その上で、女性からすると断ってしまったのですから、彼女の中にもやはり多少は申し訳ないという罪悪感があるものです。

好意を感じさせることで、相手にも程度の差はあれ、あなたを意識するようになった部分があるでしょう。

 

よって、彼女からすればやはり以前のようには接しにくいはず。

あなたからしても、断られてしまったというショックもありますし、やはり気まずさもあるでしょう。

 

ですが、そこはあなたが男気を見せて気さくに接してあげることで、その気まずい雰囲気を拭ってあげてください。

やはり、気まずい雰囲気というのは、お互いにとって居心地の良いものではありませんからね。

 

出来れば避けたいし、会いたくないと思う人が大半でしょう。

それではやはり、今後の関係を上手く保って恋愛を成就させることは難しいのは言うまでもありません。

 

まずは距離を作らないために、断られたことは気にしていないように振る舞い、彼女を安心させてあげましょう。

こういった対応ができれば、器の大きい男性と見られることができ、ピンチをチャンスに変え、さらに仲良くなることもできますよ。

 

 

確かに、勇気を出して誘ったデートを断られたとなると、どうしても不安になってしまうでしょう。

しかし、脈なし逆転のたった1つのポイントを押さえておけば、問題ありません。

 

実際、このポイントさえできれば、デートが断られてしまう脈なし状態だとしても逆転で付き合うことができるからですね。

 

たった1つで女性の反応が変わるので、これを知らないがゆえに好きな女性を落とせないのは本当にもったいないことだと言えるでしょう。

ですので、デートに誘ったけど断られてしまった状況から逆転したいと思っている男性にはこの方法を非常におすすめいたします。

 

実例として、「2週間で振り向いてくれなかった女性と付き合うことができた事例」も公開していますので、もしあなたに好きな女性がいるのであれば、下記より学んでみてください。

 

【※最短2週間】振り向いてくれない女性の感情に火をつけて意のままに付き合う方法

少し間隔をあけて、違う言い回しで誘ってみる

女性がデートを断る理由としては、タイプじゃなかったり、異性として意識していないからという理由が代表的。

しかし、他にも、たまたまその日は予定があってダメだった、忙しい時であったということも可能性としては0ではありません。

 

また、女性の中には、最初のデートでOKを出してしまうと、軽い女だと思われてしまうと思っており、好意があったとしても最初のデートは断るという女性もいるのです。

もちろん、そういう女性は少数ですが。

 

よって、タイミングや彼女の策で1度目は断られてしまったことも考えられるため、彼女との関係も以前と同様に普通に接することができる仲になったなら、ある程度期間をあけて、再度デートに申し込んでみてください。

もちろん、その際には以前の失敗を生かし、誘い方にも工夫をしましょう。

 

例えば、以前は2人で遊園地や水族館、いかにもデートというところに誘っていたのであれば、女性が気軽に応じてくれやすいランチデートに変えるべきです。

やはり、異性と長時間一緒となると、いくら友達であっても、少し身構えてしまうところもありますからね。

 

相手の好意を知っていれば尚更でしょう。

それに比べて「ランチだけ!」と決めておけば、女性は気持ちの面でも軽くなるでしょうし、以前遊園地と言っていたならば、やはりランチの方が気軽にOKしやすいのもポイント。

 

以前断ってしまった申し訳なさもあって、ランチくらいであればとOKを出しやすいものです。

また、誘い方も重要であり、気さくに誘って、彼女も断りやすい雰囲気を作ってあげることが大切。

 

気さくに誘えば、断られてしまったとしても、また「そっかー残念!」とまた気さくに流せて仲を壊しにくいからですね。

 

なお、ランチに誘う際にも、彼女の好きそうな店をピックアップしてみたり、「あのお店が気になってるんだけど、一人じゃ入りにくいんだよね、良かったら一緒に行ってくれない?」といった風に、口実を使う手もアリですよ。

2人きりにこだわらず、まずは複数人で遊ぶ提案を持ち掛けるのも〇

また、考え方を変えて、最初は複数人で遊んでみるというのもアリ。

彼女からしても、自分に好意を持っているであろう相手と2人きりとなると、不安や緊張してしまうこともあるでしょう。

 

また、彼女の気持ちがまだそこまでない場合には、あなたに期待を持たせないためにも2人で会うのを断るという選択する可能性が高いですからね。

もちろん、そうなってしまっては、関係を進展させるのは至難の技。

 

では、彼女とあなたを含めた複数人で会うとなればどうでしょうか?

他の人がいることで彼女自身、安心感があるでしょうし、彼女と仲の良い友達も誘えばOKしてもらえる可能性は上がります。

 

2人きりでなくとも、一緒に楽しい時間を共有することができれば、やはり現時点よりは2人の距離は縮まりやすいのではないでしょうか?

このように彼女の警戒心を少しずつ解いていけば、次の2人きりでのデートの誘いにはOKしてもらえる可能性が上がるはずですよ。

まとめ

 

好きな女性をデートに誘って断られた際の正しい対処法は以下の通り。

  • 気さくに接する
  • 少し間隔をあけて違う言い回しで誘ってみる
  • 2人きりにこだわらず、まずは複数人で遊ぶ提案を持ち掛けるのも〇

 

デートを断られても、まだ挽回は可能ですので、諦めずに、でも、しつこくなりすぎないようにアプローチしていきましょう。

好きという気持ちも大事ですが、しつこくすると嫌われてしまいますので、女性の気持ちを考慮しつつ距離を縮めてみてください。

 

 

↓ 好きな女性を惚れさせる
最強の武器はこちらをクリック!