年下のあの子が気になるけど、あんまり好意を感じないからアプローチしていいものか迷ってしまう。

確かに、脈なしの状態のままアプローチをしたとしても、嫌われてしまうだけですので、注意が必要。

 

恋愛は自分の気持ち以上に相手が自分のことをどう思っているのか、”相手の感情”がカギを握っていますので、常に脈なしなのか、脈ありなのかを考えながらアプローチをしていきましょう。

もちろん、脈なしの場合は一旦アプローチするのを控えて、仕切りなおすのが先決。

 

では、年下女性は好意のない男性、脈なしの男性に対して、どんな脈なしサイン、拒絶の態度、会話をするのでしょうか?

脈なしのお話はどうしても耳が痛くなるかもしれませんが、脈なしだったとしても、そこから逆転することは可能ですので、決して諦める必要はありませんよ。

 

年下女性の脈なしサイン、拒絶の態度・特徴・会話を徹底解剖!

 

今回は年下女性の脈なしサインをご紹介していきますが、これらの脈なしサインが2つ以上当てはまってしまう場合は、アプローチすぐタイミングは今ではありません。

相手の女性に興味を持たれていないのにアプローチをしても、嫌われてしまうだけですので、時間(冷却期間)をおいて立て直すのが吉。

 

彼氏がいたり、他に好きな人がいたり、忙しかったりと女性の中でのタイミングがあるため、立て直して再アプローチするための戦略を練っていきましょう。

それでは、年下女性の脈なしサインとはどのようなものなのか、ご紹介していきます。

敬語が抜けず壁を感じる

年下の女性が年上での女性と仲良くなりたいと思った時に、まず出てくるサインが「タメ口」です。

逆に、ずっとタメ口になることなく、敬語が続き、他人行儀である場合は、「あくまで他人、親しくなりたいとは思えない」と思われている可能性が大。

 

年下の女性を落とすことができている男性は例外なく楽しい雰囲気を作り、タメ口でも問題ない関係性を早い段階で築き上げています。

もし、ずっと敬語が続くようであれば、脈なしであると考えて、自分自身が壁を作っていないか、固すぎる雰囲気を出していないか見つめ直してみてください。

 

なお、好きな女性を落とす上で絶対になくてはならないことが1つあり、これさえできれば意のままに付き合うことが可能。

どうしても落としたい女性がいる男性は、下記で詳しくお話していますので、クリックして読んでみてください。

 

【最短2週間】振り向いてくれない女性の感情に火をつけて意のままに付き合う方法

会話を盛り上げようとしてくれない

女性は共感脳ですから、女性を落とすためには会話のキャッチボールが命で、実際に多くの女性が会話好き。

それなのに、全く会話を盛り上げようとしてくれなかったり、あなた自身への質問が全くない、ありきたりな社交辞令の会話しかないとなると、それはあなたに興味がないと考えた方がいいでしょう。

 

特に、あなた自身への質問があるかどうかは、あなたに対しての興味を示していると言っても過言ではありません。

年下の女性を上手に落とすことができる男性は、女性を会話で楽しませることができ、恋愛の話などでも上手に聞き出していますので、「会話」にも意識を向けてみてください。

LINEで既読スルー・未読スルーされてしまう

 

LINEの返信でも年下女性の気持ちが、脈なしなのか、脈ありなのかを判断することができます。

既読スルーをされたり、未読のまま無視されたり、相手からの質問がこない、淡白な返信だけ、という場合はどうしても脈なしの可能性が高くなってしまいます。

 

既読スルー、未読スルーをされているにもかかわらず、追撃してLINEを送ってしまうと、ブロックされてしまったり、本当に嫌われてしまうため要注意。

この場合も無理してアプローチをするのではなく、一旦、距離と時間をおくのが賢明でしょう。

身体を近づけると距離を取られてしまう

身体の距離は女性がその人に対して好意を抱いているのか、マイナスの印象を持っているのかを判断する上で、非常に役立ちます。

あなたが身体を近づけた時に、距離を取られることなくその近い距離感を維持してもらえるのであれば脈なしで、逆に、距離を取られてしまった場合は、脈なしと考えていいでしょう。

 

この身体の距離は無意識のサインであり、非常に正確ですので、どう思っているのか試す意味でも、いつもよりちょっとだけ身体の距離を接近させてみてください。

そこですぐに距離を取られてしまった場合は、脈なしです。

ご飯やデートに誘っても誤魔化される

勇気をだして、LINEや直接ご飯に誘ったり、デートに誘っても、なんだかんだ理由をつけられて断られる場合も脈なしの可能性が大。

その場では、社交辞令で「いいですよ」というものの、実際は行きたくないから、最終的にごまかすわけですね。

 

「仕事が忙しい」、「みんなで行きましょう!」、「また行けたらいいですね」など2人になることを避けたり、具体的な日にちを決めない場合は要注意。

2、3回誘って断られてしまう場合は、脈なしだと考えて間違いありませんので、今、これ以上誘うのは控えましょう。

「いい人いますよ!」と自分を恋愛対象外にさせようとする

年下の女性にアプローチをした時に、「いい人いますよ!」と別の女性を提案されることがあるでしょう。

それは、「私は無理だけど」という意味が入っており、自分を恋愛対象外にさせようとして、男性を遠ざける方法でもあります。

 

そのため、このような自分にアプローチしてこないで欲しいニュアンスのことを言われてしまった場合は、脈なしと考えてOK。

ここでがっついてしまったり、好き好きオーラを出してしまうと、年上の余裕、年上の自信がなくなってしまうので、余裕を持った態度で一旦引きましょう。

 

逆に、年下の女性が見せる脈ありサイン、好意のサインを年下女性が好きな男性に見せる好意の脈ありサイン・態度とは?でお話していますので、まだ年下女性の気持ちがわからないという方はじっくり読んでみてください。

まとめ

 

脈なしなのか、脈ありなのか、女性の心理を把握することは女性にアプローチをする上で、非常に重要となる。

脈なしのサインが出ているにもかかわらず、アプローチを続けてしまうと、どうしても嫌われてしまうため、脈なしの場合は、一旦距離をとって再アプローチする方が賢明。

 

年下女性の脈なしサインは、会話を盛り上げようとしてくれない、LINEで既読スルー、未読スルーされる、ご飯の誘いを誤魔化される、身体の距離が遠い、などが挙げられる。

なお、脈なしだったとしても、そこから逆転してその女性と付き合うことはできるため、決して諦める必要はない。

 

↓ 狙った好きな女性を惚れさせる
究極のバイブルはこちらをクリック!