「好きな女性をなんとか落としたい。女性に好きになってもらう心理学のテクニックはないかなあ。」

結論から言うと、好きな女性との仲を効率的に深め、スムーズに関係性を築いていきたいのであれば、心理学を利用するのは効果的です。

 

ただし、どうしてもテクニックばかりが先行してしまう男性が多いので、1つ本当の重要なことをお話しておきます。

それは、女性を惚れさせることができるかどうかで最も重要なのは、あなたの魅力だということです。

 

いや、確かに、テクニックも好きな女性を落とす上では役に立ちますよ。

でも、テクニック以前にあなた自身に魅力を感じてもらえなければ、好きになってもらうことはできないわけですね。

 

ついついテクニックばかりを意識してしまいがちな人はぜひこの本質を頭に叩き込んでおきましょう。

実際、あなた自身の魅力を高めつつ、テクニックを使うのが最強なんですよね。

 

あくまでテクニックは武器、それを使うのはあなた自身の魅力だと理解して、両方を高めていきましょう。

ということで、今回は好きな女性を落とすのに効果的な心理学のテクニックについて厳選してご紹介していきます。

 

今回のテクニックは人間の本能を利用したもので、女性の好意を積み上げる基本的なものばかりです。

これらを押さえておくことは、恋愛をスムーズにさせますので、ぜひじっくり読んで取り入れてみてください。

 

好きな女性を落とす心理学!女性を好きにさせるテクニック4選!

会えば会うほど好意を抱くザイオンス効果(単純接触効果)

特定の人と接触する回数が多くなるほど、その人に対して好印象を抱くようになるというのが、ザイオンス効果ですね。

恋愛だけでなく、仕事や日常生活においても役立つ方法で、心理学を用いたテクニックでも比較的有名なテクニックになります。

 

ザイアンス効果のメリットは、何と言っても簡単なところで、彼女と定期的に接触する機会を作るだけでOK。

ただ注意してほしいのが、何もせずにはあまり効果が期待できないという点です。

 

会う回数を重ねるとともに、彼女の印象に残るように、直接会うなら笑顔を見せたり、挨拶を交わす程度はすべきでしょう。

また、会った時にマイナスの印象を残さないことも、好感度を高めるためには大切なポイントとなります。

 

「この人はいつ会っても感じが良いな」と思われてこそ、彼女の好感を得て、恋愛へのきっかけを築けるようになるわけですね。

実際、同じ職場や同じ学校であれば、他の男性とも顔を合わせる機会が多いわけじゃないですか。

 

ということは、その中で、いかに目立てるかが重要になるわけです。

ですので、会う回数を重ねるとともに、できるだけいい印象を残せるように工夫をしていきましょう。

 

このザイオンス効果(単純接触効果)を利用して、デートの時間を短くして回数を重ねるのも効果的。

まだ彼女と出会って間もなかったり、彼女に見向きもされていないといった状態であれば、まずはこちらから始めると良いかもしれませんね。

 

 

また、好きな女性を落とす上で絶対に押さえるべきことが1つあり、これさえできればあなたの意のままにその女性を付き合うことが可能になります。

たった1つで女性の反応が変わるので、これを知らないがゆえに好きな女性を落とせないのは本当にもったいないんですよね。

 

ですので、付き合いたい女性、好きな女性がいる男性に非常におすすめいたします。

実際に、「2週間で振り向いてくれなかった女性と付き合うことができた事例」も公開していますので、もしあなたに好きな女性がいるのであれば、下記をクリックして確認してみてください。

 

【※最短2週間】振り向いてくれない女性の感情に火をつけて意のままに付き合う方法

共通点があると好意が深まる類似性の法則

 

初対面の人と話す際に、共通の趣味があったり、出身地が同じなど、何かしらの共通点があると、自然と会話が盛り上がりますよね。

また、類は友を呼ぶと言われるように、自分と似た雰囲気や価値観、趣味などの共通点がある人がやはり一緒にいて居心地が良く感じるもの。

 

共通点があるもの同士で親近感が湧き、自分の周りに集まるということは日常生活においてよくあることです。

このように、相手に自分と似たところや共通点を見出すと、親近感を持たせることができ、距離を縮めていくことができますよ。

 

これを類似性の法則と言い、恋愛においてもやはり活用できるテクニックの1つですね。

仲を深めたい女性がいるのであれば、あなたに興味や親近感を抱いてもらって近寄りやすくなるように、彼女の情報を下調べした上で、上手に類似性の法則を使ってみてください。

 

【必見!間違ったアプローチとは?】

相手の動作を真似して波長が合うと思わせるミラーリング

 

先ほどご紹介した類似性の法則と共に使うとより効果的なのが、ミラーリングです。

言葉通り、相手の動作を真似することで効果が得られる心理学テクニックで、類似性の法則が大きく関与しています。

 

というのも、先程類似性の法則では自分に似た人、共通点が多い人に好感を持ちやすいとお伝えしましたが、ミラーリングは相手の仕草、言動を真似ることで相手に好感や親近感を抱かせる方法だからですね。

例えば、会った時に彼女が飲み物を飲むタイミングでこちらも飲み物を飲んだり、彼女が足を組み替えたら、あなたも同じように足を組換えるなど鏡のように相手の動作を真似るのです。

 

もちろん、不審に思われないようにさり気なくやるのがポイント。

ですので、ミラーリングを試す前に、ある程度こちらに興味、関心や親近感を持たせておくことで自然と効果を発揮させることができますよ。

 

あなたに関心が向いているからこそ、ミラーリングの効果が得られ、やっぱり私と似ているな、居心地が良いなと感じさせてより仲を深めることに繋がるわけですね。

ミラーリングの場合は、無意識に波長が合うと思わせることができるのです。

直接会っている時には押してLINEでは引く駆け引き

 

恋愛において駆け引きが効果的という話は有名ですね。

駆け引きは、実を言うと、心理学においてもその効果が証明されており、押し引きのメリハリがハッキリとしているほど女性の心を揺さぶることができ、効果を発揮します。

 

そして、その駆け引きで抑えるべきポイントは、「会っている時に押し、LINEでは引く」ということ。

先ほどご紹介してきたテクニックを用いて、関係性が築けてきたのであれば、好意を示すなどして押してみてください。

 

女性もあなたに対してプラスの印象を抱いていれば、この押しも嬉しいはず。

そして、お別れをした後にはLINEでちょっと素っ気なくしたり、返信を遅くするなどして引く姿勢を取るのです。

 

そうすれば、女性の心理では「あれ、いい感じだと思ってたのに違うのかな」と思ってくれるようになるわけですね。

結果、心を揺さぶることができ、あなたを失いたくないという気持ちから、あなたへの気持ちを増幅させるのです。

 

そう、このように、駆け引きというのは、気持ちを増幅させるための手段に他ならないんですよね。

ですので、そもそも少しでもいいと思われていなければ効果を発揮しません。

 

つまり、まず、信頼関係を構築して、いい印象を持ってもらった上で、駆け引きをすることで恋愛を有利に進めることができるのです。

ただし、この駆け引きを連発してしまうと、どうしてもマイナスの印象を与えてしまうのでご注意を。

 

冒頭でもお話したように、テクニックはあくまでテクニック。

最も重要なのは、あなたの魅力ですので、あなたがどれだけ魅力的な男になれるのかが重要になることを忘れないでください。

まとめ

 

心理学のテクニックを上手く使うことで、好きな女性との恋愛をよりスムーズに進めることが可能です。

今回紹介した心理学のテクニックは以下の4つ。

 

  • ザイアンス効果
  • 類似性の法則
  • ミラーリング
  • 直接会っている時には押してLINEでは引く

 

彼女との関係構築の際には、これらを活用し、彼女の心を上手く揺さぶって上手に恋愛へと誘導していくと良いでしょう。

 

 

↓ 好きな女性を惚れさせる
最強の武器はこちらをクリック!