「一度デートした女性をもう一度誘ってみたら、断られちゃった。2回目のデートを断られたらもう付き合えないのかな…。」

一度デートした女性に、次のデートを断られてしまうとどうしても、脈なしなんじゃないかと落ち込んでしまいますよね。

 

確かに、デートに断られてしまうということは、今の段階ではあなたに大きな好意が寄せられているとは考えづらいでしょう。

しかし、だからといって、完全に諦める必要はありません。

 

というのも、いくら2回目のデートを断られようが、そこから逆転で挽回して好きな女性を落とすことができるからですね。

そう、2回目のデートを断られたとしても、まだ全然チャンスはあるのです。

 

ただ、もちろん、今と同じアプローチをしていたのでは、女性の心は動きません。

脈なしの状態なのであれば、脈なしから脈ありに変えるアプローチを変えていくことが何よりも重要になるわけで、それさえできれば逆転で付き合うことが可能になります。

 

ということで今回は、2回目のデートを断られた理由を考えながら、その後の挽回方法を具体的に解説していきます。

デートを断られたくらいで諦める必要なんてありませんので、じっくり読んで戦略を練ってみてください。

 

好きな女性に2回目のデートを断られた!考えられる理由とは?

 

女性が2回目のデートにNGを出したのには、きちんと理由があるはずです。

ただし、女性に「何が駄目だった?」と尋ねることは難しいですし、尋ねたところで、ますます女性の気持ちは降下するばかり。

 

そこで、2回目のデートを断られるときに考えられる、代表的な理由をいくつかピックアップしましたので、よく読んで、身に覚えのあるものがないかチェックしましょう。

自分に厳しく客観視しながら振り返ることができるといいですね。

初デートの男性の身だしなみにがっかりしたから

実は理由としてかなりの割合を占めるのが、「男性の身だしなみ」に対する女性の評価。

「普段はスーツ姿だったけど、私服がダサかった」「ワックスなどで過度にスタイリングしていて引いた」など、初デートの身だしなみは、女性にとても大きなインパクトを与えてしまいます。

 

特に、初デートだからと気合を入れて空回りしたという人は多いのではないでしょうか。

女性は男性と歩くとき、周りの目をとても気にしますので、最低限の身だしなみは重要なんですよね。

 

不潔であったり、あまりにも奇抜だったりする男性の隣にいるのは恥ずかしいと感じるので、2回目はない!と判断してしまったのかもしれません。

また、口臭をはじめとする体臭に苦手意識を持ち、合わないと感じる女性も。

 

良かれと思ってつけた香水が、彼女の好みに合わなくてマイナス……ということも考えられますからね。

1回目のデートのときの自身を振り返ってみましょう。

価値観や趣味が合わず、つまらないと感じたから

デートがつまらない。女性がそう感じるときの一番の原因は会話にあります。

例えば、「これおいしいね」と女性が言った時に、「そうかなあ」「あんまり好みじゃないかも」という反対の意見を述べると、女性はちょっとモヤっとしてしまうもの。

 

もちろん、個人の好みがありますが、食べ物をはじめ、何に関しても合わないということが続けば、女性は「脈なし」という判断を下すでしょう。

女性は共感脳であり、会話を非常に重要視するからこそ、1回目のデートにおいて大切なのは会話なんですよね。

 

遊園地など、デート自体を楽しむことができても、あなたとの会話がつまらないと感じれば、女性にとってのデートへの最終評価はマイナス。

2回目のデートは避けてしまうでしょう。

 

 

「デートが楽しくない」と思われてしまったとなると、どうしても不安になってしまいますが、脈なし逆転のたった1つのポイントを押さえておけば大丈夫です。

実際、このポイントさえできれば、2回目のデートが断られる脈なし状態だとしても逆転で付き合うことができるからですね。

 

たった1つで女性の反応が変わるので、これを知らないがゆえに好きな女性を落とせないのは本当にもったいないことだと言えるでしょう。

ですので、好きな女性がいるけど脈なしで逆転したいと思っている男性にはこの方法を非常におすすめいたします。

 

実例として、「2週間で振り向いてくれなかった女性と付き合うことができた事例」も公開していますので、もしあなたに好きな女性がいるのであれば、下記より学んでみてください。

 

【※最短2週間】振り向いてくれない女性の感情に火をつけて意のままに付き合う方法

 

 

もちろん、これ以上失敗してしまうと取り返しのつかないことになりかねませんので、失敗をしないためにも正しい方法でアプローチをしていきましょう。

今は、脈なしかもしれませんが、あなたの好きな女性を振り向かせてやればいいのです。

マナーの悪さが気になったから

食事を代表として、常日頃気にかけるべきマナーですが、このマナーが守れていないと女性に悪い印象を与えてしまいます。

出かけた先での店員さんへの態度など、思い当たる点はありませんか?

 

女性に対しても、まったく気配りができていないと、マイナス認定されてしまいます。

特に、女性が最も嫌がる行為が先ほどお話した店員さんへの態度の悪さで、その時点で一瞬で冷める女性は少なくありません。

 

1回目のデートではお互いに、細かいところに注目していることを忘れないようにしたいですね。

特に女性は気配りができて、色々なものに気づくからこそ、些細な部分にも気を遣えるようになっていきましょう。(神は細部に宿りますからね。)

 

【必見!間違ったアプローチとは?】

2回目のデートを断られても脈ありのことも!例外パターンはコレ!

 

先ほどご紹介したように、2回目のデートを断られた理由は、1回目のデートの失敗が原因である可能性が高いでしょう。

ですが、単に女性側の都合が悪かったり、駆け引きのつもりであえて断った、というパターンがあることも。

 

前者の「都合が悪い」という理由の場合は、断っても別の日時を提案してくるなど、女性からも予定を合わせるような姿勢があれば脈あり。

後者のような駆け引きの場合は見抜くことが難しいですが、女性側も好意があってのことなので、改めて女性のほうからアクションがあるでしょう。

 

どちらにしても「断られてしまった」時点では判断できないので、その後の女性の対応に注目することが必要です。

ですので、断られた時の返信の内容や別日の提案はあるのか、などチェックしてみてください。

 

 

また、好きな女性を落とす上で必要な考え方、恋愛スキル、女性の心理を【好きな女性の落とし方コラム】としてまとめており、こちらも好評ですのでぜひ読んでみてください。

 

第1回コラム:【好きな女性の落とし方(1)】スキルを磨けば女性は落とせる!

2回目のデートを断られても諦めるな!その後の挽回方法とは?

 

ここまで読んできて、「自分は脈なしだ……」と落ち込んでいる男性もいるのではないでしょうか?

そんなあなたも大丈夫。

 

まずは「まだチャンスはある」ことを自覚して、これから挽回するためにできることを考えてみましょう。

1回目のデートの失敗は、ほぼ確実に払拭できるので、くよくよと落ち込まずに行動してみてください。

しつこいお誘いはNG!冷却期間を設ける

2回目のデートを断られてしまったからといって、すぐに別の日を指定するなど、焦ってしまうことは避けましょう。

そもそも女性が別の日時を指定してこないということは、「今はあなたとデートしたくない」気持ちであることを自覚すべきだからですね。

 

女性がこのように思ってしまっている時にアプローチをしても逆効果。

それよりも2度目のデートを実現させるのに必要なのが「時間(冷却期間)」なんですよね。

 

ずはその女性から一旦離れ、1回目のデートに対する女性のマイナスイメージが落ち着くのを待ちましょう。

好きな女性と距離を置くのは不安かもしれませんが、駆け引きでは押すよりも引く方がはるかに強力です。

 

脈なしの状態で押してもしつこいと思われてしまいますので、ここは一旦引くのがベター。

この冷却期間は駆け引きでいう「引き」になるわけですが、その時に1つあるコツを意識することで女性の意識をあなたの方に持ってくることができます。

 

女性に気持ちをあなたの方に向けるということは、連絡も好感触で、デートに誘ってもOKがもらえるようになるということです。

実際に、上手に引いたことで女性の興味を引くことができた事例がありますので、下記をご覧ください。

 

 

そう、ご覧の通り、恋愛というのは押すだけではありません。。

冒頭でもお話したように、脈なしの時には脈なしの時なりの戦略があり、それを実践することで女性の気持ちをあなたの方に向けることができるんです。

 

その結果として、「寝たくない」、「電話していい?」と女性から言われるほど食いつきをあげることができるんですよね。

だからこそ、2回目のデートを断られたくらいで諦める必要は一切ありません。

 

脈なしだったとしても、あなたの方を向かせて、惚れ直させてやればいいってことですよ。

この事例はもちろん、「脈なしから逆転で付き合う方法」を特別講義としてプレゼントしていますので、下記より無料で受け取って学び、好きな女性を振り向かせてやりましょう。

 

【脈なしから逆転で好きな女性と付き合う方法】特別講義を無料で受け取る

 

 

もうね、実は単純な話で、脈なしでも諦めずに振り向かせてしまえばいいだけの話なんですよね。

今、好きになった女性をどうしても諦められない、本当に好きになった、というのであれば諦めずに前を向いて、惚れ直させてしまいましょう。

 

このように、脈なしの状態では押せ押せではなく、引くことが重要であり、できる限り長い時間を空け、再チャレンジしましょう。

2回目のお誘いはあくまでも気楽に

再度デートに誘う時に気を付けてほしいのが、前回デートを断られたことを持ち出さないこと。

もちろん、男性にとっては満を持してのリベンジですが、それを女性に察されることのないように気をつけましょう。

 

ポイントとしては、デートのお誘いというよりも、友達を遊びに誘う感覚でいること。

「お昼ご飯でも行こうよ」など、極力気軽なお誘いを心掛けることで、断られる事態を回避できる可能性が高くなりますよ

 

基本的に女性がデートを断ったり、冷たい態度になるのは、あなたの気持ちに応えることができないからなんですよね。

ただ、ここで考えて欲しいのですが、このように思われているということは、あなたの気持ちはバレバレですでに伝わってしまっているということでもあります。

 

恋愛は基本的に精神的に優位になった方が勝つようになっていますので、好意がバレバレなのは不利になってしまうんですよね。

だからこそ、サラッと誘うんです、重くならないように。

 

重くなってしまうと、どうしてもデートも重みが出てしまい、女性もプレッシャーに感じてしまいます。

ですが、軽く誘うことで「楽しそう」という印象を与えることができ、徐々に徐々に女性との距離を縮めていくことができますよ。

まとめ

 

2回目のデートを断られるということは、別日の提案がない限り、脈なしの可能性が高いのは間違いありません。

しかし、1回目のデートにおける失敗を挽回することは、決して不可能ではないんですよね。

 

まずは、女性がどういった理由で断ったのかを考え、その原因を解消するための努力をすることが重要。

うまく解消し、女性を誘う自信を持つことができたら、ご紹介したコツを参考に2回目のデートのお誘いにリベンジしてみましょう。

 

 

↓ 好きな女性を惚れさせる
最強の武器はこちらをクリック!