年下の女性は年上での男性に惹かれる傾向があり、一回り、ふた回り年が離れていても恋愛対象としてみることができるのが女性の特徴。

そのため、年下女性を好きになってしまった方は全然チャンスありです。

 

ただ、もちろん何も考えずにアプローチをしていては嫌われてしまう可能性もありますので、今回は年下女性にアプローチをしていく上で気をつけるべき5つのポイントを徹底解剖していきます。

年上男性の包容力や自信、余裕で年下女性を魅了して惚れさせたいという方はじっくり読んでみてください。

 

年下女性を好きになった時に気をつけるべき5つのこと

 

年下女性を好きになってアプローチをしていく際、はっきり言うと、「年齢」のことをあまり気にしすぎる必要はありません。

むしろ、「年上だから・・・」と年齢のことで引け目を感じていたりすると、それが相手に伝わり壁を作ってしまうことになってしまいます。

 

だからこそ、年齢のことを気にすることなく普通に接するのが吉。

このことを大前提として、年下女性を好きになった時に気をつけるべき5つのことをピックアップしていきますので、じっくり読んでみてください。

見下した態度を取らない

年下女性ということで、気を付けたいのが、年上だからといって見下した態度を取らないこと。

最初は気を付けていても、冗談が言えるようになるなど慣れてきた時に気が緩み、女性を下に見たり、子供扱いする発言がついつい出てしまうことがある男性は少なくありません。

 

年上だからと言って威張ったり、見下した態度を取るのは、同性であっても嫌がられる可能性が大。

些細なことでも積み重なれば、あなたに対しての嫌なイメージが定着してしまうことも。

 

関係を良好に進めるためにも、プライベートの場では年下女性を対等に扱えるように心掛けましょう。

からかうのは程ほどに

年下女性の可愛さ故にからかいたくなったり、場を盛り上げようとして、ついからかってしまうといったこともあるのではないでしょうか?

軽くからかわれるくらいであれば、場を和ませたり、お互いの仲を深められたりして良い方に運んでくれるのですが、度が過ぎると、「私のことを馬鹿にしているの?」と不信感を持たれることもあるため、注意が必要。

 

仲良くなるためにちょっとからかって見るというのは効果的ですが、やり過ぎは禁物。

からかう時は、自分の気持ちをある程度セーブしつつ、彼女の態度や表情もきちんと確認しながら加減することを忘れずに。

先輩風を吹かせすぎない

 

年上という事で、何かと頼りにされたり、相談されることも多いかもしれません。

そういった時に注意したいのが、頼りにされるのが嬉しい余りに威張ったり、知ったかぶり、先輩風を吹かせてしまうこと。

 

たまにであれば、そういったことも面白いや、ためになると思って貰えるかもしれませんが、やり過ぎると年下女性に不信感・不快感を与えてしまうことになり兼ねません。

加減が難しいところではありますが、先輩面をし過ぎないこともポイントの1つと言えるでしょう。

職場が同じ場合は、公私混同しない

職場が同じで、年下女性は自分の後輩にあたるという場合も多いのではないでしょうか?

そういった場合に注意したいのが、仲良くなっても公私混同しないということ。

 

職場でのそういった贔屓目は周囲に不信感を持たれ、信頼を失い兼ねませんし、大人の男性の取る対応ではありません。

オンとオフをはっきりとしましょう。

 

仕事は仕事で、厳しくしなければいけないところはしっかりと言う。

厳しくするが故に年下女性に嫌われるのでは?といった懸念は捨てましょう。

 

厳しい中にも、愛情を持って接すれば必ずそれは伝わりますし、オンとオフがはっきりとしていると「さすが大人の男性!」と年上の男性らしい魅力が伝わり、好感を持ってもらえる可能性も大!

また、年下女性では、若いということで周りにチヤホヤされがちですが、そういった部分にも寛容になり、ヤキモチを妬かないことも大切です。

自分のハードルを上げ過ぎない

年上の男性ならではの魅力をアピールすることは、年下女性へのアプローチではかなりの強みになるので、欠かせません。

ですが、年上という事を意識し過ぎるがあまり、必要以上に背伸びしてしまって、自分のハードルを上げ過ぎないことも大切。

 

例えば、普段行き慣れていない高級レストラン等、最初の数回や特別な日だけであればそれ程負担になりませんが、毎回となればこちらの負担が大きいでしょう。

また、毎回そういった場所へ連れて行くことで、彼女はあなたは普段からそういった場所へ出入りしているものだと思い込む可能性も。

 

そうなると、それからハードルを下げた時の彼女の落胆も少なからずあるでしょうし、ハードルの高いあなたを好きになった場合、そこから付き合えたとしても、あなたの負担やストレスが増え、付き合いが上手く行かなくなることだって考えられます。

背伸びはそこそこにして、彼女の気を引いた後は素の自分も垣間見せることも大切ですよ。

まとめ

 

女性は一回り上、ふた回り上の男性でも好きになるのが普通なので、年下女性を好きになってもいくらでもチャンスはある。

年下の女性をアプローチしていく上で、気をつけるべき5つのポイントは以下の通り。

 

  • 見下した態度を取らない
  • からかうのは程々に
  • 先輩風を吹かせすぎない
  • 職場が同じ場合は、公私混同しない
  • 自分のハードルを上げ過ぎない

 

年下女性を落としたい場合は、年上という利点を生かして攻めたい気持ちが大きくなりがち。

もちろん、年上ということを生かしてアプローチするのは落とすために有効ですが、やり過ぎると逆効果になることを覚えておきましょう。

 

 

 

<ブログランキングの応援をお願いいたします! >


人気ブログランキング

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村