「10歳も年下の女性を好きになってしまった、年の差が大きいから恋愛対象として見られるかどうか不安。」

どうしても年の差が大きいと自分が相手にされるのかどうか不安になってしまうもの。

 

しかし、芸能人では一回りも二回りも年が違う夫婦がドンドン現れてきていますし、最近では年の差カップルも珍しくない時代になっています。

そのため、年下女性からしても、年の差の大きい男性と付き合ったり、結婚するのもあまり気にしなくなっているのも事実です。

 

だからこそ、年の差を理由に好きになった女性を諦めてしまうのは非常にもったいないことなんですよね。

実際に、年の差カップルも多く、女性は年上の男性を好きになりやすいことから、年の差の壁をぶっ飛ばして、アプローチしてみてください。

 

10歳年下の女性を好きになった!年の差が大きい女性へのアプローチ方法とは?

 

年下の女性は本能的に年上男性を好きになりやすいということから、相手が10歳年下だとしても、有利なことには変わりありません。

むしろ、相手の女性も最初は恋愛対象として見ていないでしょうから、自然とご飯に誘ってOKをもらいやすいというのも大きなメリットです。

 

年上としての優位性や年下女性への正しいアプローチをすることで、スムーズに口説き落とすことができますので、ぜひ10歳年下だからといって諦めずに攻めていきましょう。

好きだからと言ってがっつかない

アプローチと言うと、積極的にデートに誘ったり、口説いたりといったことをイメージされる方が多いかもしれません。

しかし、年の差がある場合には、こういったアプローチ法は控えた方が吉。

 

というのも、年の差が大きい場合、彼女にとってあなたは大人の男性で、がっついてしまうとどうしても自信や余裕を感じさせることができず、年上である優位性を活かせないから。

年の差の大きい男性からのがっついたアプローチは恐怖を与えかねませんし、彼女の中に大人の男性とは落ち着きがあって紳士的な人という理想像があった場合には幻滅されてしまう可能性も高いでしょう。

 

どちらにせよ恋愛対象として見られなくなってしまう可能性がありますので、大人の男性は、自信と余裕を持った素敵なアプローチ法で攻めていきましょう。

 

また、何度も言いますが、好きになった女性に10歳などかなり歳が離れていていたとしても、決して諦める必要はありません。

実際、女性の心を動かすポイントを押さえてアプローチをしていけば、年の差の離れた女性だとしても付き合うことは全然可能だからですね。

 

このポイントを押さえておくだけで女性の反応が変わるので、これを知らないがゆえに好きな女性を諦めてしまうのは本当にもったいないでしょう。

 

年の離れた女性を落とすポイントと合わせて「2週間で振り向いてくれなかった女性と付き合うことができた事例」も下記で公開していますので、クリックして確認してみてください。

 

【※最短2週間】振り向いてくれない女性の感情に火をつけて意のままに付き合う方法

年の差を気にし過ぎない

年の差のある恋愛で、一番の障壁になるものは何かと言うと、実を言うと、自分の気持ちなんですよね。

年の差を気にし過ぎると、どうしても臆病になってしまったり、気を使いすぎたりして、周りから見ると自信のない行動に見えてしまうことも。

 

そういった態度を女性は好みませんし、自分自信も自信がないためにどんどんマイナス思考になり、恋愛に対して良いアプローチが出来ないように自らの手でしてしまっているのです。

何よりも重要なことは年齢差を受け止め、必要以上に気にしないこと。

 

もっというと、年齢差を武器に彼女を落とそうという強い気持ちを持つことですね。

無理に若く見られようとしない

 

年の差があると、どうしても彼女に近づかなくては!や若く見られたいという意思が働きがち。

それはとても良い傾向ですが、加減を見極めることが大切です。

 

それこそ女性に気に入られようとして、彼女の趣味や好きなものを合わせるなんていうのもおすすめしません。

好かれようとして彼女のために行う言動や行動はすぐに女性に見抜かれてしまいますから、変に若く見られようとすることなく、あくまで自然体+リードするというのを心がけましょう。

紳士的な振る舞いで年下男性との差を見せる

年下女性を落としたい場合、落とす要となるのが、同級生や年下男性との違いを見せつけること。

例えば、食事の際に女性を上手にエスコートしたり、歩く時には常に半歩前をリードしてあげたり、何かを決める時には自分が最終決定をしたり、予期しないことがあっても動じずに対処できるのは年上の男性ならでは。

 

そういった大人の魅力を見せることで、年下女性はドキッとするのです。

実際に、女性は価値の高い男性を本能的に好きになるという特性がありますので、引っ張ってあげる、リードすることは口説く上でも非常に効果的ですよ。

清潔感と大人のオシャレを意識!

どんな女性でも、清潔感のある男性を好みますし、やはり、見た目もある程度は大切。

普通のおじさんよりは、ちょっぴりオシャレでかっこいいおじさんの方がやはり好感度は高いのは言うまでもありませんよね。

 

無理をし過ぎず、清潔感のある恰好をして、大人の男性ならではのオシャレをしましょう。

もちろん、服装の基本はシンプル・イズ・ザ・ベストで派手な格好よりも、サイズ感のあったシンプルで爽やかな服装を意識してみるといいですよ。

優しさと厳しさを使い分ける

年下女性で、しかも10以上も年が離れていると、どんな行動も可愛く見え、甘くなりがちに。

優しくすることはとても良いことですが、それだけでは彼女はいずれ飽きてしまいます。

 

若いゆえに出来ていないマナーや考え方が目に付くこともあるはず。

そこをやんわりと指摘してあげることも、大人の男性だから出来ることですよね。

 

そうすることで、あなたの思いやりに気付けたり、「優しいだけではない」ということアピールでき、あなたの威厳も保てますし、彼女からの信頼も得ることが出来るようになるでしょう。

特に意中の女性が同じ職場なのであれば、仕事とプライベートでメリハリをつけるのがおすすめです。

まとめ

 

10歳年下の女性だろうと、1人の女性であり、年上としての優位性と正しいアプローチをすることで問題なく落とすことができる。

年下女性にアプローチをしていく上で、基本的なことは下記の通り。

 

  • がっつかない
  • 必要以上に年の差を気にしない
  • 無理に若く見られようとしない
  • 紳士的な振る舞いで年下男性との差を見せる
  • 清潔感のある大人なオシャレをする
  • 優しさと厳しさを使い分ける

 

年の差があっても、きちんと魅力さえ伝われば恋愛対象になりますし、年の差の離れた芸能人夫婦のように、結婚出来る可能性も。

意外と、年の差がある方がお互いが譲り合えたりして上手くいくものですので、年の差があるからと臆せず、自信を持ってアプローチしてみましょう。

 

 

↓ 好きな女性を惚れさせる
最強の武器はこちらをクリック!