「あれ、いつの間にかあの子のことが気になってる・・・でも、同じ職場だし、アプローチしてダメだったら気まずいなあ。」

同じ職場であれば、接する機会も多く必然的に恋愛も多くなるもので、年下の後輩女性を好きになってしまった、なんている男性も少なくありません。

 

ただ、アプローチをしてみようとは思うもの、どう思われているのかも不安だし、同じ職場で仲がこじれてしまうのが嫌だとも思ってしまいますよね。

それでも、答えはシンプルでその年下の後輩女性を好きにさせてしまえばいいだけの話。

 

「そんな簡単にいうなよ!」と思えるかもしれませんが、年下女性は比較的年上での男性を好きになりやすいですから、いくらでもチャンスはあります。

どうせ好きになってしまったのですから、同じ職場の後輩の女の子だったとしても、惚れさせて付き合ってしまいましょう。

 

同じ職場の年下女性を好きになってしまった!惚れさせるにはどうすればいい?

 

先ほどもお話したように、年下の女性は年上の男性を好きになりやすい傾向があります。

なぜなら、女性は優秀な子どもを残したいと思っており、本能的に価値の高い男性を求めているから。(年上を価値の高い男性を感じることが多い。)

 

そのため、同じ職場の後輩女性はうまくアプローチをしていけば、全然落とすことができるということなんですよね。

それに同じ職場ということであなた自身の行動や努力も見てもらうことができるため、チャンスはいくらでもあり、じっくりと攻めていくことも可能。

 

それでは、年下女性を惚れさせる、虜にさせるためにはどうすればいいのでしょうか?

仕事の出来る男になる!

女性は無意識のうちに、周りの男性の将来性について計算しているもの。

そのため、仕事の出来る男性は女性にとってかなり有望で、それだけでも魅力的に映ります。(実際に、価値の高い男とみなされます。)

 

さらに、年上という要素が加われば尚更で、年下女性にとって年上の男性は頼りに出来る頼もしい存在ですし、職場でも上の立場だったり、金銭的にも余裕がある場合が多いため、本能的に年上で仕事が出来る男性には惹かれていきやすいという傾向も。

そのため、まずは仕事が出来る男を目指しましょう。

 

また、一生懸命に仕事に打ち込む姿は、それだけでも人を数倍魅力的に見せる力を持っているもの。

彼女を射止めたいのであれば、まずは仕事に注力して、彼女からの好感度をアップさせていきましょう。

 

また、好きな女性を落とす上で絶対に押さえるべきことが1つあり、これさえできればあなたの意のままにその女性を付き合うことが可能になります。

たった1つで女性の反応が変わるので、これを知らないがゆえに好きな女性を落とせないのは本当にもったいないんですよね。

 

ですので、付き合いたい女性、好きな女性がいる男性はこのポイントを押さえておくことをおすすめします。

超強力に女性の感情を動かすことができるため、今、好きな女性に振り向いてもらえていなくても、逆転で付き合うこともできるでしょう。

 

実際に、「2週間で振り向いてくれなかった女性と付き合うことができた事例」も公開していますので、もしあなたに好きな女性がいるのであれば、下記をクリックして確認してみてください。

 

【※最短2週間】振り向いてくれない女性の感情に火をつけて意のままに付き合う方法

髪型や服装、清潔感など外見を磨く

内面が大切とはよく言われますが、やはり外見も多少なりとも重要。

もう歳だからとたるんだ体にヨレヨレのシャツといった外見に気を使っていないオーラ全開では、いくら仕事が出来ても魅力は半減してしまいます。

 

目指すは大人でダンディーな男性。

無理に若作りせず、清潔でシンプルな、大人らしいかっこ良さを目指しましょう。

近寄りやすいオーラを意識しよう

 

年上の男性はどうしても歳の差ゆえに、最初は年下女性に寄りにくいと感じられてしまうことも。

そういった雰囲気があると、中々恋愛に進めるのは難しいでしょう。

 

そのため、年上だからと距離を取られないためにも、出来るだけ笑顔を心掛けたり、話しやすい雰囲気を作ったりして、壁を作らないように心掛けてみてください。

特に、仕事中とオフの時にうまく切り替えてメリハリをつけることで、年上男性ならではの余裕や自信を感じさせることができますよ。

 

【必見!間違ったアプローチとは?】

聞き上手で頼りやすい雰囲気を作れ

女性にとって、年上の男性は年上というだけで頼りになる存在と感じてしまうもの。

それは年上男性の強みになりますし、その理想像を崩さないことが恋愛を進める上で有利になります。

 

まずは些細な会話から始め、徐々に彼女との距離を詰めていきましょう。

その際には、是非聞き上手に徹して、彼女の話にしっかりと話を合わせて共感して、仲良くなっていくのが吉。

 

女性は話を聞くよりもする方を好む場合が多いですし、聞くことで得られる情報も多く、弱みを見つけ、相談に乗るなどの展開へ持ち込むチャンスを得ることも。(ご飯に誘えるとベター。)

そうして徐々に「頼れる存在、頼もしい存在」に近づいていきましょう。

周囲への気配りも非常に重要!

女性は男子以上に周りとの関係性を重視するため、実は、周囲へのアプローチも彼女に対して間接的にプラスに働きます。

例えば、職場で「カッコイイ!」「便りになる!」「気が利く」と皆が認めてくれれば、自然と彼女からのあなたの評価も上がりやすいということですね。

 

付き合うことになってからも、周りとの関係が良い方が何かと上手く行きやすいでしょう。

そういったことから、普段から彼女だけでなく、同じ職場の人への気配りも大切にして、信頼を得ておくことをおすすめします。

まとめ

 

同じ職場の年下の後輩女性を好きになってしまった場合、気まずくなるのが嫌だからアプローチをしようか迷いますが、好きになってしまったのであれば、惚れさせてしまえばいい。

実際に、年下女性は価値のある男性が好きであるため、年上男性を好きになりやすく、チャンスはいくらでもある。

 

同じ職場ということもあり、努力を見てもらうことができるため年下の後輩女性には下記のアプローチが効果的。

 

  • 出来る男になる
  • 外見を磨く
  • 近寄りやすいオーラを意識する
  • 聞き上手になり、頼れる存在になる
  • 周囲への気配りも大切

 

女性の大半は年上男性に惹かれるものであるからこそ、年上の男性らしい魅力を伝えるのが効果的。

 

 

↓ 好きな女性を惚れさせる
最強の武器はこちらをクリック!