どうしても好きな女性がいるものの、アプローチしてもいまいち反応がよくなく、どうも脈なしっぽい。

ただ、脈なしの状態だったとしても、そこからなんとか大逆転で好きな女性と付き合うことができれば、と思いますよね。

 

実際、脈なしからの大逆転で好きな女性と付き合っている例はいくらでもありますし、脈なしを脈ありに変えることは十分可能。

ということで、今回は脈なしからの大逆転で好きな女性と付き合う方法を徹底解剖していきます。

 

なお、しつこくアプローチをして嫌われてしまっている場合の脈なしと、アプローチをして嫌われてはいないものの友達という場合の脈なしのケースをピックアップしていきますので、自分のケースに合わせて参考にしてみてください。

 

脈なしからの大逆転で好きな女性と付き合う方法とは?

 

「脈なし」と一言で言っても、女性があなたのことをどのように思っているのか、によって脈なしからの大逆転で付き合う戦略は変わってきます。

例えば、完全に嫌われてしまっている脈なしと「彼氏としては見れないけど、友達なら…」という脈なしでは全然違うことは言うまでもありませんよね。

 

そのため、まずは、元カノに自分はどのように思われているのか、を推測することが重要。

その上で、なぜ脈なしなのかを考えましょう。

 

他に気になる男性がいるから脈なしなのか、そもそも自分に興味を持たれていないから脈なしなのか、デートや食事には行けたけど、そこで脈なしになってしまったのか。

いずれにしても、「脈なし」ということは「彼氏」、「男」として選ばれなかった決定的な理由がありますので、それを把握して改善することから始めましょう。

しつこくアプローチして嫌われてしまっている場合

その女性を落とすためにしつこくアプローチをして嫌われてしまっている「脈なし」の場合は、今の現状をしっかり受け止める必要があります。

と言うのも、しつこくアプローチをしたから嫌われたということ。

 

その状態でさらに押せ押せでアプローチをしたらどうなるのか・・・言わなくてもわかりますよね。

また、しつこくしてしまって謝る人もいますが、女性からすれば「謝るなら最初からするなよ」と思われるだけで逆転にはつながりません。

 

参考:好きな女性にしつこくして嫌われた時の挽回方法は謝るよりも距離を置く!

 

「好きな人なら何をされても嬉しい」、「嫌いな人なら何をされても嫌だ」というように、嫌われた状態でアプローチをしても逆転には繋がらず、余計に嫌われてしまうだけ。

そのため、しつこくして嫌われてしまっている場合は、一度冷却期間をおいて悪い印象をリセットしてもらうのが吉。

 

人間の性質上、時間が経てばマイナスの印象も徐々に薄れていくものですので、嫌われている場合には、半年程度の冷却期間をとることで、そのマイナスの印象をリセットできます。

ただし、冷却期間の最中に何もしないというのでは大逆転で付き合うことはできません。

 

「脈なし」を「脈あり」に変えるためには、まずはあなたに興味を持ってもらわなければ話になりません。

むしろ、興味さえ持ってもらうことができれば、彼女の方からあなたのことを知ろうとしてくるため、逆転への道は大きく拓けます。

 

そのためには、ボーッとしているのではなく、服装や髪型などの外見を変える、仕事に没頭する、前向きにポジティブに毎日おを過ごす、コミュニケーション能力を磨くなど、少しでも魅力的になることが必要不可欠。

昔可愛くなかったのに、同窓会で綺麗になっていた女性のことを「おお!」と思うことと同じように、あなた自身が魅力的な男になることで興味を持ってもらうことができるようになります。

 

下記の記事でも嫌われた状態からの逆転で付き合う方法をお話していますので、じっくり読んでみてください。

参考:好きな人にしつこくして嫌われた時の正しい対処法!逆転で付き合える?

 

興味さえ持ってもらうことができれば、過去にしつこくした記憶など女性にとってはどうでもよくなりますからね。

結局、女性は価値のある魅力的な男性が好きなのです、だからこそ、そうなってしまえば、脈なしからの大逆転だって余裕なのです。

 

ということで、嫌われてしまっている場合は、一度冷却期間をおいて、自分を変えてからアプローチしてみてください。

アプローチをして嫌われてはいないが友達の場合

 

付き合いたいと思ってアプローチをしてみたはいいものの、どうも脈なしの反応。

ただ、しつこくして嫌われているわけではなく、友達のように仲がいいだけであって、男として見られていないというケースもあるでしょう。

 

その場合は、その「友達関係」、「問題なく会話ができる関係」であることを利用するのが吉。

というのも、女性は男性と付き合う時に、「相談に乗ってくれた人」と付き合うことが多いため、そのポジションを築いておくのは後々プラスになります。

 

もちろん、自分から「相談に乗るよ」とか「相談役になろうか」というのはNGで、相談役として選ばれるような男になることが必要。

また、仲がいい、友達なのに脈なしというのは、「男」として見られていないことが大きな原因です。

 

そのため、近い距離にいつつ、男としての魅力を磨いていくことで、その女性に興味を持ってもらうことができるようになります。

先ほどの例と全く同じですね、仲がよく友達と思っていた人がドンドンかっこよくなる、ドンドン魅力的に変わっていく・・・そうなると、興味を持たざるをえませんよね。

 

友達という距離感をうまく利用しつつ、裏で自分の魅力を磨き、「男」としてのアピール力を磨いていく。

そうすることで、脈なしの女性は徐々にあなたのことを見直すようになり、「脈なし」が「脈あり」に変わっていくでしょう。

まとめ

 

脈なしだったとしても問題なく、逆転して好きな女性と付き合うことはできる。

ただ、そのためには、なぜ脈なしになってしまったのか、自分の何が悪かったのか、と自分に原因を求めて改善していくことが必要不可欠。

 

しつこくして嫌われてしまっている場合は、アプローチを控えて一旦冷却期間に入り、時間が経ってからアプローチするのが吉。

嫌われていないが、男として見られていない場合はその関係を維持しつつ、男としての魅力を磨き、変化を見せていくことがキモ。

 

 

 

<ブログランキングの応援をお願いいたします! >


人気ブログランキング

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村