気になる年下の女性がたまにタメ口を使ってくるとちょっとドキッとしてしまうもの。

タメ口だとやはり、距離が縮まっている感じがするし、「もしかして自分に好意を持ってくれているのかな?」なんて甘い期待を寄せてしまうのも仕方ありません。

 

では、果たして、敬語からタメ口を使う年下女性はどのような心理なのでしょうか?

あなたのことが気になっている、脈ありだからタメ口なのか、それとも、タメ口は普通なことで特に何も思っていないのか。

 

恋愛では女性の心理を把握することが何よりも重要であるため、タメ口を使う女性の心理をじっくり学んでみてください。

 

年下女性が敬語からたまにタメ口を使う心理とは?

 

人は距離のある人に対しては敬語を使うのが普通ですから、タメ口になるということは、その女性との距離が縮まっている可能性が高いと言えるでしょう。

とはいえ、だからと言って完全に脈ありなわけではなく、単純に女性の性格ということもありますので要注意。

 

勘違いをして急にアプローチをして、嫌われてしまわないようにしなければなりません。

そのため敬語からたまにタメ口を使う年下女性の心理をご紹介しますので、心当たりがあるものをチェックしてみてください。

慣れ

可能性として高いのが、「慣れ」によるものが考えられます。

特に物腰が柔らかく、接しやすいオーラの人や、笑顔が多い男性、冗談を言って来るような気さくに接してくれる男性の場合では、年上だとしても次第に緊張が緩んで素を出してしまうことも。

 

特に、冗談を言った時など、和気あいあいとした雰囲気の時にタメ口がふと口をついて出る場合は、このケースであることが多いでしょう。

もちろん、慣れでタメ口を使ってくれるというのはあなたに打ち解けている証拠ですので、いい傾向にあります。

距離を縮めたいサイン

年上の男性が好みという女性は多いです。

ですが、最初は歳の差が邪魔をして中々一歩踏み込めないという場合も。

 

そんな時に年下女性が使うのが「タメ口」。

もちろん、場をわきまえた上で、場が和んでいる時などにさり気なくタメ口を使います。

 

さり気なくタメ口を使うことで、男性に対して心を許している事をアピールするのです。

男性側もおそらくタメ口を使われる方が会話で突っ込みやすかったり、話しやすかったりするのではないでしょうか?

 

もし、女性がボディータッチして来たり、毎回笑顔で話し掛けて来てくれる場合には、もしかすると、「好き」アピールをしているのかもしれません。

 

 

また、好きな女性を落とす上で絶対に押さえるべきことが1つあり、これさえできればあなたの意のままにその女性を付き合うことが可能になります。

たった1つで女性の反応が変わるので、これを知らないがゆえに好きな女性を落とせないのは本当にもったいないんですよね。

 

ですので、付き合いたい女性、好きな女性がいる男性に非常におすすめいたします。

超強力に女性の感情を動かすことができるため、今、好きな女性に振り向いてもらえていなくても、逆転で付き合うこともできるでしょう。

 

実際に、「2週間で振り向いてくれなかった女性と付き合うことができた事例」も公開していますので、もしあなたに好きな女性がいるのであれば、下記をクリックして確認してみてください。

 

【※最短2週間】振り向いてくれない女性の感情に火をつけて意のままに付き合う方法

育って来た環境によるもの

場合によっては、育って来た環境によってタメ口が口をついて出てしまうこともあります。

例えば、一人っ子の場合や、周囲の家と皆仲良しの様なこじんまりとした田舎に育ったような女性。

 

周りの人から対等に扱われて来てタメ口が当たり前だった場合、コミュニケーションはこの様に取るのが当たり前だと思っている場合もあるでしょう。

この場合は、誰に対してもタメ口を使うため、女性の周りへの態度などもよく観察してみてください。 

マナーを知らない

社会人になってまだ間もない様な場合では、マナー知らずでタメ口が出てしまうことも。

こちらは仕事場でもタメ口が出てしまったり、誰にでもタメ口で話してしまっている場合が多く見られます。

 

マナーを知らない場合は、彼女のためにもやんわり注意してあげた方が良いでしょう。

なめられている可能性も!

態度や実績等から、この人なんてと下に見られてしまうと、タメ口で話されてしまうことも。

そういった場合は、蔑む様な態度や視線を送って来たり、逆に慣れ慣れしく接して来ていいように使われてしまうことだってあるのです。

 

タメ口の頻度が多く、注文が多いような場合では要注意。

もしかしたら、なめられてしまっているからタメ口を使われているかも知れず、この場合は、好かれているとは言い難いでしょう。

 

【必見!間違ったアプローチとは?】

敬語からふとタメ口を使う年下女性は脈ありなのか?

 

先ほどお話したように、年下女性が敬語からたまにタメ口を使う理由は様々。

では、それらをどう見分ければ良いのでしょうか?

 

実は、その判断は簡単。

マナーを知らなかったり、なめられている場合は、雰囲気や態度にもやはり多少なり出てしまうものです。

 

誰にでもタメ口を聞いたり、ふとした仕草が冷たかったり、年上を敬う様子が感じられない場合は、脈ありサインではない可能性が大。

逆に、あなたにだけ「たまに」タメ口を使うということであれば、あなたに心を開いて来ている証拠です。

 

もっと仲良くなりたいと思っているサインである可能性が高いでしょう。

そういった場合では他にも脈ありサインが隠れている可能性がありますので、一度注意深く観察してみるといいですよ。

 

 

また、仮に脈なしだったとしても、正しいアプローチを踏めば振り向かせることができるため、諦める必要は全くありません。

実際に、正しい攻略法で脈なし状態だった年下女性を振り向かせた事例をご紹介いたしますので、ご覧ください。

 

 

このように、年下女性が相手で脈なし状態だったとしても、正しい方法でアプローチをしていけば相手から電話したいと言われるほどに食いつきをあげることができるわけですね。

ですから、今、うまくいっていっていなかったとしても、その攻略法さえ押さえてしまえば振り向かせることができてしまいます。

 

実際に、上記の成功事例や脈なし状態から好きな女性を振り向かせる攻略法をお話した特別講義をメールマガジンで無料プレゼントしていますので、下記より登録して学んでみてください。

 

【期間限定特別講義を無料プレゼント】男の恋愛バイブル公式メールマガジン

 

 

もうね、実は単純な話で、惚れ直させてやればいいだけなんですよね。

今、好きになった女性をどうしても諦められない、本当に好きになった、というのであれば諦めずに前を向いて、惚れ直させてやりましょう。

 

 

また、好きな女性を落とす上で必要な考え方、恋愛テクニック、女性の心理を【好きな女性の落とし方コラム】としてまとめており、こちらも好評ですのでぜひ読んでみてください。

 

第1回コラム:【好きな女性の落とし方(1)】スキルを磨けば女性は落とせる!

まとめ

 

年下女性が女性がたまにタメ口を使ってくる心理は「慣れ」、「距離を縮めたいサイン」、「育ってきた環境によるもの」、「マナーを知らない」、「なめられている」といったものが挙げられる。

これらを見極めるためには、誰にでもタメ口を聞くかどうか?や、その他の態度も併せて考えて見ると分かりやすい。

 

距離を縮めたいサインである場合には、他にも脈ありサインを出している場合が多いため、一度よく観察して見ると吉。

 

 

↓ 好きな女性を惚れさせる
最強の武器はこちらをクリック!