「年下の女性を好きになってしまったけど、まさかの20代で年の差がかなりある・・・相手にされないかな。」

同い年や年の近い女性であれば躊躇なくアプローチできるものですが、年の差が大きい場合は、どうしても年齢の壁で不安になって一歩踏み出せない男性も多いのではないでしょうか。

 

しかし、はっきり言ってしまうと、40代の男性と20代の女性カップルはたくさんいますし、今では年の差恋愛もなんらおかしくない時代になっています。

芸能人でも40代なのに20代の女性と付き合ったり、結婚されている方は多くいるのが何よりの事実。

 

さらに、女性は年上の男性に惹かれやすいため、年の差が離れていようとも有利であることに変わりないんですね。

40代の男性でも20代の女性は落とせるということで決して諦める必要はありません、20代の女性を落とすアプローチ方法を徹底解剖していきます。

 

40代男性が20代女性を落とす方法!効果的なアプローチとは?

 

40代の男性が20代の女性を落とす時に何より気をつけなければならないのが、リードして主導権を握ること。

というのも、女性が年上男性を好きになるのは、リードしてくれるからであり、そこに自信や余裕を感じるからなんですね。

 

実際に、本能的に女性を惚れさせるという意味でも、女性をリードをするのは非常に有効なのでしない手はありません。

これを大前提とした上で、20代の年下女性へのアプローチ方法をピックアップしていきますので、ぜひ1つずつ実践してみてください。

まずは身だしなみを整える!

まずは、鏡で自分の姿をじっくりと眺めてみましょう。

もう40代だからとファッションに見向きもせず、髪型もセットせずに伸ばし放題、またはボサボサなんてことはありませんか。

 

メラビアンの法則にもある通り、人の印象は最初は見た目で判断されてしまう場合がほとんど。

そのため、若い女性と付き合いたければ、まずは見た目を意識すべきででしょう。

 

分かりやすいのが、芸能人でモテるオジサンを参考にすること。

そういった方は「オジサン」という言葉より、「ダンディー」といった言葉の方がしっくり来るかもしれません。

 

そういったダンディーでモテる男性は、清潔感のある適度なオシャレである場合がほとんどですよね。

大人の男性らしい自分に合ったファッションを取り入れています。

 

そして、そういった男性は普段から美容に気を遣っていたり、ジムに通ったりと自分磨きを惜しみまないように、40代以上でもモテる男性はそこそこに努力しているのです。

 

また、何度も言いますが、好きになった女性に10歳、20歳などかなり歳が離れていていたとしても、決して諦める必要はありません。

実際、女性の心を動かすポイントを押さえてアプローチをしていけば、年の差の離れた女性だとしても付き合うことは全然可能だからですね。

 

このポイントを押さえておくだけで女性の反応が変わるので、これを知らないがゆえに好きな女性を諦めてしまうのは本当にもったいないでしょう。

 

年の離れた女性を落とすポイントと合わせて「2週間で振り向いてくれなかった女性と付き合うことができた事例」も下記で公開していますので、クリックして確認してみてください。

 

【※最短2週間】振り向いてくれない女性の感情に火をつけて意のままに付き合う方法

自信や余裕のある男性に女性は惹かれる!

おどおどしていて頼りのない男性は、それだけでも女性にネガティブな印象を与えてしまいます。

それよりはどこか余裕があり、自分に自信を持っているくらいの男性の方が魅力的に見えるもので、そういった自信や余裕は、自然と話し方や行動に出ます。

 

若い女性を落としたいがあまり焦ったり、本当に僕なんかに落とせるのだろうか?といった弱気な気持ちでいると、自ずと彼女に伝わってしまうんですよね。

まずは、気持ちを強くもつことを意識しましょう。

聞き上手になる!

 

モテる男性は聞き上手である場合がほとんど。

女性はお喋りな生き物!気持ちよく話をさせてあげることでそれだけでも女性は満足して好感を得やすく、男性に対して居心地の良さを覚えるというわけですね。

 

また、そういった話しやすさは女性の悩みなんかも引き出しやすく、そういった部分に対して年上ならではの適格なアドバイスが出来ると、年上男性ならではの頼りがいを感じて女性はキュンと来るもの。

 

なお、女性との会話は【脈なしからの逆転<No.6>】ついつい女性が惚れてしまうような究極の会話とは?でもお話しているように、女性に焦点を当てた会話を心がけましょう。

笑顔を絶やさない

年を取っても持てる男性には、人の懐に入るのが上手い近寄りやすさがあります。

年下女性に近寄ってもらい仲良くなる1つの方法として、笑顔でいるということが挙げられます。

 

やはり、ムスッとしている年上男性よりは、ニコニコしていて雰囲気の柔らかい年上男性の方が近寄りやすく、頼りやすく、甘えやすいもの。

彼女にするためには、まずは彼女の懐に入り、心を開いてもらうことが重要になります。

 

女性にとって年上の男性というだけでも近寄りがたい存在である場合が多いため、少しでも話しやすい雰囲気を作れるように、出来るだけ笑顔を心掛けましょう。

20代女性が好む情報を多少掴んでおく

何歳になってもモテる男性は、女性の興味を引くのが上手いです。

自分自身美容に興味があり、ネイルサロンに通っていたり、話題のスイーツ、カフェなどの情報にも敏感だったりして、若い女性と共通の話題を多く持っており、女性と馴染むのが得意なんですね。

 

やはり、共通点があることはコミュニケーションを図るのに非常に優位に進めることができ、信頼関係の構築につながります。

少し雑誌に目を通すだけでも大分違うはずですが、女性も知らないほどあまりにもいろんなことをしっていたり、アピールをすると逆効果ですので、話題になっているものだけピックアップしましょう。

 

ただし、気に入られようとして女性の気を伺いすぎたり、迎合してしまうのは絶対にNG。

【脈なしからの逆転<No.3>】女性を下から見上げては落とせない!でもお話しているように、女性を落とす時には必ず主導権を握ること、迎合しないことが何よりも重要になるのです。

時には積極性も!

若い女性を落とす際に気を付けたいのが、良い人化してしまわないこと。

そのためには、時には異性を意識させることが重要で、脈ありサインが見えたら、積極的にアプローチしてみましょう。

 

女性からも好意が感じられる様になったら、少し積極的にデートに誘って見る、頭をポンポンとしたり、ちょっとしたボディタッチを図るなどして女性をドキッとさせ、異性であることを意識させましょう。

 

脈ありサインが出るまでは仕事を一生懸命頑張る、主導権を握って引っ張るなど年下女性の好意・脈ありサインとは!?年下女性を落とす効果的なアプローチは?でもお話していますので、じっくり読んでみてください。

まとめ

 

40代の男性が20代の女性を好きになったとしても、決して諦める必要はない。

実際に、多くの年の差カップルはいるし、女性も年上の男性に惹かれやすいことから、恋愛対象としては全く問題ない。

 

年の差の離れた年下女性をアプローチする時の基本は、身だしなみを整える、余裕・自信を見せる、聞き上手になる、笑顔を絶やさない、20代女性が好む情報を多少掴んでおく、時には積極的に!が基本。

モテる40代以上の男性は自然とこういったポイントを押さえており、ちょっとしたことに気を付けるだけでも女性の見る目は変わるはず。

 

せっかく好きになったわけですから、諦めることなく20代の年下女性を落としてしまいましょう。

 

 

↓ 好きな女性を惚れさせる
最強の武器はこちらをクリック!